家屋建を新築から知り尽くしているプロ人材らが企画の塗装店

私共は技術とビジネスとを混同しない工事を致します。

そして仕事に於いては〃 技術的真理真相〃を 最重視し家屋健全化を追求致します。

マイホーム建築を知り尽くした総合力にお任せください

他社と一味違うぞ!! アドバンス ペイントの塗装工事、

〜  旧来のザル勘定業界システムを廃し、ワンランク緻密且つ斬新発想のメンバーが企画したペイント工事 〜

母体の多摩建設鰍ヘ大手ハウスメーカー数社の指定工事店経験で培った家屋技術経験40年以上の専門家達

創業時トップ

多摩建設株式会社代表取締役

         和知利裕

〜御挨拶・工事理念〜

工事は総てケースバイケースのオーダーメイド・カスタム

 アドバンスペイントは平成5年3月より、多摩建設鞄焜潟tォーム・ペイント工事外販部門
 として町田市森野でスタート。平成10年に原町田に移転後、主に町田市内や横浜市青葉区
 周辺、八王子市、相模原市等の住宅街を中心に多くの御支持と施工実績を頂きました。
 
 家屋はまず一般的リフォーム塗装を行っても良い家屋か否かを見定める必要があります。
 私共はまず建てた工務店なりメーカーの当初意思を重視してそのコンセプトを見抜きます。
 その上で整合性のある最適塗料や塗装工法を御提案して施工をしています。
 
 一般論としての塗装が通用する家屋など現在では建売並び等汎用的建材で造られたごく
 一部のみだからです。家屋本来の持つコンセプトを潰す施工は御勧めしてはいません。
 また家屋・外壁に対して技術整合性の正しい塗装工事は美観も美しく仕上がるのです。
 
 塗装ジャンルのみに偏重の無理のある工事思想や営業のための営業や施工も致しません。
 特定種類塗料を総ての家屋に施工したり、塗装のみに過度の家屋健全化期待を負わす
 のも間違いです。私共は塗装抽象論は述べません。
 
 平成13年頃からはネット経由での工事受注も目立つようになり、「高級住宅街で培った
  メンタリティー重視の施工」を掲げて町田市周辺を始め広く工事受注を頂いております。
  当社理念を御理解して下さり御賛同頂いた方は御遠慮なく見積り依頼を御申し付け下さい。
 
  材料、職人、御値段、総合力 のうちの一つでも欠けると塗装御満足度は下がるのです。
 陥り易いマスプロ施工を極力廃し、抽象的言葉で御客様を誤魔化さず、売り手として消費者
 ・御客様に商品説明責任を果たし、更に、「任せて本当によかった」の御言葉を頂けるように
 御縁を大切にする工事を絶えず念頭に置き御客様高満足施工を実現致します。
 
  「家屋建築を知り尽くした大工棟梁らが企画の塗装」を是非、御見積りから御試し下さい。
 数々のハウスメーカー家屋や様々な家屋建築を知るプロ専門家らが在籍している
  当グループに塗装工事や家屋リフォーム工事は安心して御任せ下さい。
 
 
グループ総帥 和知社長は先祖代々からの地元三多摩・町田っ子、気さくで親身になる人柄。
三度の飯よりも柔道スポーツが好きです。
講道館柔道五段の腕前を持ち、町田市柔道連盟副会長も歴務。航空自衛隊出身です。
町田市からは数々の貢献・功労賞を受賞。健全な青少年育成にも日々精進しています。
 

 アドバンスペイント主要史

       平成5年3月 : 多摩建設鞄烽ノ塗装工事外販部門として業務開始。当初は主に自社建築物件-社内需が主体。

       平成7年2月 : 外部販売活動を本格開始。町田市近郊にて塗り替えや増改築工事を多数受注。

       平成7年5月 : 同じ柔道仲間-雄飛会所属のタウンコア建設共同組合と提携。多数の有力大工棟梁らと協力体制。

       平成8年6月 :  東京土建組合-町田支部に加盟。

       平成8年10月 :  関西ペイント認定登録店395号の認定を受ける。

       平成9年10月 : 本部を町田市森野2丁目から森野6丁目に移転。

       平成10年10月 : グループ内リフォーム業務売上げが多摩建設新築業務売上げを抜く。

       平成11年10月 : 本部を町田市森野-多摩建設竃{社内から現-原町田に移転。

       平成11年11月 : ホームページを開設。

       平成14年12月 : オリジナル屋根葺き替え工事-複層コンパネ断熱通気層工法の外販施工を開始。

       平成15年1月 : 訪問販売体制は事実上廃止。少数精鋭・省間接経費体制を確立。

       平成15年3月 : タカラ社ユニットバス・システムキッチン等の外販施工を開始。

       平成15年5月 : 施工サテライト制度を本格導入。

       平成16年10月 : (財)住宅リフォーム紛争処理支援センター増改築相談員制度に加盟。

       平成19年11月 : 山梨県上野原市に自社施工サテライトを設置。

       平成20年5月 : ローラーおじさん工事ブログがスタート。

       平成22年6月 : 屋根ソーラシステム施工でパナソニック 電工特約店-高橋秀建梶A牧野電工鰍ニ提携。

       平成26年12月 : スーパー断熱&結露抑止屋根-複層コンパネ断熱通気層工法の商標特許を取得。

       平成27年12月 : グループ一翼を担う薄井棟梁が会社の方は弟さんに任せて薄井リフォーム工房で専業特化。

       平成29年1月 : グループ内に専門専属ビケ足場部門が出来る。内製足場で安価施工が実現可能になる。

現在に至る
 
和知利裕 名誉会長の一言
家とは「三軒建ててやっと本物に出逢える」とも云われています。
でも一生に三軒も建てられたのは地価の安かったずっと昔の話です。
今は試行錯誤はできません。
 
私共が一軒目でピンポイントで御教えしましょう。
家屋健全化のポイントを!!
 
 

              

アドバンスペイント部門責任者-御挨拶
 
技術真理第一の施工&当たり前常識のビジネス姿勢
家屋建築のプロらが企画した塗装店、
80年代 対大手ビジネス経験のハイテク業界出身者らが顧客対応
荒削りな押し付けのセールスは致しません
 

 

 

 

 

                                              

プロフイール
アドバンスペイント技術本部長 統括責任者
辺見 良則

 (財団法人)住宅リフォーム紛争処理支援センター

       増改築相談員

他、有機溶剤主任/足場主任、特定化学物質取扱主任、

職長労働安全衛生等資格者、

町田市生まれ、平成30年現在56歳、

 

 80〜90年代初めは主にエレクトロニクス業界に居ました。

 半導体メーカー、計測器メーカー、総合商社系半導体商社等

  に勤務。半導体ICや電子製品を売っていました。

 

最後の会社を担当事業廃止でリストラとなり、職探し中に応急

就職した塗装会社で独立する上司から誘われたのがきっかけ

で塗装リフォーム業界に入りました。

 

平成7年からは高校時代からの柔道師匠-多摩建設和知社長

の傘下で昔からの柔道仲間建設職数人らでアドバンスペイント

を企画創業設立、現在に至ります。

塗装工事見積もり施工経験25年。現場主義がモットーです。

 

80年代には大手メーカー技術者を相手に半導体や電子製品

売り込みで西はかって長崎の三菱造船所から、

東は石巻の松下通工まで売り込んでいました。

 

大坂にも転勤で居たことがあります。半導体会社ではアメリカ

シリコンバレーも出張しました。

 

エンジニア相手の仕事でしたので主に私が企画をした

アドバンスペイントは多少はゴツい常呂があるかもしれません。

メーカー技術者相手では2時間待って説明はたったの15分。

塗装工事ビジネスでは御客様ご納得まで2時間から半日掛け

て説明です。半導体は産業の米とも呼ばれていました。

塗装工事は街の御化粧ですね。

御見積はご遠慮無くお申し付け下さい。私が参ります。
 
リフォーム&塗装工事の本当の常呂

  総てが完璧な家屋は無い

      上記でも述べましたが、家屋とは・・・・・・、「三軒建てて三軒目でやっと本物に出逢える」の諺が昔からあります。

 
      建てられたばかりのピカピカの新築家屋に入居されるときには、何やら新品の家電製品や自動車のような
      完璧性の工業製品のように家屋を捉えがちですが・・・・・・・
 
      住まわれて8年もすると固有の劣化や御悩みも出て来ます。
      「もうこういう立地には二度と住まない」、「もうこういう造りの家屋は二度と買わない」、家を試行錯誤で住み替えられて、
      やっと三軒目でほぼ今までの総ての悩みに当てはまらない家に出逢える,の意味でもありましよう。
 
  ホンモノの家屋とは? 先進諸外国は200年住宅
     一般に標準的な日本家屋の寿命は35〜40年とも言われていますが、
     北欧、カナダ、ニュージランド等の家屋はほとんどが耐用年数200年と言った200年住宅なのです。
     真冬にはマイナス40℃と言った厳寒エリアでは壁を航空機のような与圧気密構造にして壁内には通気層を
     設けて電動ファンで絶えず空気流通をさせ、外壁の最も外側で外気温度を遮断する外断熱工法,
     即ち、高気密、高断熱、壁内計画換気の三つが揃っていれば壁内や屋根棟に結露が出ない故、200年間健全維持
     と言ったことが可能になるのです。先進諸外国ではそれらが遠い昔から既に当たり前なのです。
     日本の家屋は? と言えば完成度の高いハウスメーカー家屋もありますが、利益が最優先の商売家屋なのです。
 
  日本の家屋は?  私共の理念
      諸外国では当たり前の外断熱、それも厚さ10センチ以上の断熱レンガでの外断熱に対して、
      日本の家屋は内部に断熱材を入れている内断熱であり、これらは欠陥性工法として国際的に も有名な話です。
 
       欠陥性工法でも「あいつが行っているからウチも、」で、横並び慣例で施工されているのが現在の日本家屋の
       実態なのです。
 
       そして,そのような欠陥性家屋に商売塗装屋やリフォーム屋がありきたりの防水オンリーで群がっているのも実態です。
       「せめて塗装やリフォームでは足場時同時施工の僅少御予算で完璧性の高い家屋に少しでも近付けて欲しい」
       これが大工棟梁、塗装職をはじめとする私共の最大理念でもあります。
 
経験40年以上の建築のプロ達により基本企画された塗装店です
大手ハウスメーカー等の最新技術動向にも注視しています。
家屋全体を新築からわかる塗装屋と、 ただ塗るだけの塗装屋とでは対応は大違い
 
創業期からのアドバンスペイント技術理念形成 主要ブレーンです
塗装視点のみでの対症工事ではなく健全化抜本策を。また営業のための営業や工事も致しません。
家屋建築とアフター営繕に携わる工務店の現場視点から〃家屋健全化追求〃を真の目的に
これら家屋建築を知り尽くした経験豊富なプロ人材らによる現実を直視した様々な意見が採り入れられて
アドバンスペイントのベースは形作られています。
 
和知 棟梁(グループ総帥社長) 薄井 棟梁   2級施工管理士

    上でも御紹介していますが。グループ総帥です。

    おとうさんを始め四人男兄弟が皆、大工さんです。

    現場に出る現場主義の棟梁。構造系意匠系問わず

    宮大工附系。気さくで小回りが利く施工は好評です。

    家のことで知らないことは無い老舗工務店大ボスです。

    経験は40年以上。多くの職方を統卒もする大棟梁です。

    町田市つくし野 地主系伝統名士。

    町田市常盤 地主系伝統名士。

   
岡部棟梁  2級建築士 石村 工事部長

    工務店で長らく現場に携わり、現場も熟知しています。

    塗装工事業界経験45年。一戸建ての塗り替えからビル、

    理想論・理屈オンリーではない現場の現実を知った建築士

    公共工事・橋梁塗装迄、塗装工事のことで知らないことは

    さんです。外装・意匠面にも深い造詣を持ちます。戸建て

    ありません。浅草生まれの江戸っ子。愛称はイッさん。

    リフォームの建築士は1級よりも工務店出身2級がベター

    様々な塗装工法、足場工法にも精通しています。

 
アドバンスペイント塗装職人は上記メンバーらがセレクトをしています。
「■御客様を後悔させない厳選職人」の名にふさわしい塗装職が揃っています。
 
家屋劣化本質を見抜くには〃新築経験〃が極めて重要

                 家屋とはその建てられた〃築年代〃がひじょうに重要となります。

                 たとえ大手ハウスメーカー家屋であっても劣化阻止技術は年代により大きな落差があるからです。

                 また雨漏り等も新築からの構造がわからないとなかなか原因は掴めません。

                 アドバンスペイントには経験40年クラスの各時代の建築を見て来ている 建築技術者らが多数在籍しています。

                 聞きかじりの知ったかぶりレベルではない豊富な家屋新築経験者が揃っています。

 
どんな素養の人がやっているのかわからない塗装工事セールス
アドバンスペイントのアプリケーターは、
80年代ハイテク業界経験オール理系出身者-安心して見積もりが頼めます
                アドバンスペイントでは関西ペイント製品のアプリケーター教育を受けた80年代ハイテク業界経験者
                オール理系出身者らが対応を致します。 主にハイテク半導体業界出身者らです。
                営業媒体はネット経由が全体の6割、他3割は御客様からの紹介、営業的にはたったの実質4人で
                関東全域をカバーしている省経費体制です。営業とは言え タイル洗いや足場手伝い等の工事にも入ります。
                また彼らはIT関連 ブレーンでもあります。年齢的には私も含めて既に55〜60越の熟練ロートル選手です。
 
                塗装工事の営業/見積もり段階で危惧されるのはビジネスマナーすら知らない 粗悪なセールスや、
                荒削りな職人の営業らが多くの中には少なからず居ることです。 塗装の職人の中には若い頃には
                暴走族だった 、とか・・・が比較的、居るのです。
                アドバンスペイントのセールス態度は最初から大手一流常呂、それも難解な製造業エンジニアらが相手の
                営業姿勢が大きな特徴です。 大手メーカー関係者らが私共の御客様に多いのも、これら特徴故縁からです。
 

比較的、マニュアックなページ内容が受けてアドバンスペイントが

過去にご自宅の塗装工事御依頼を頂いた製造業メーカー系の方々

 
                      ◎NECのスーパーコンピューター設計エンジニア様、
                      ◎IHI-石川島播磨-子会社の社長様
                      ◎トヨタ自動車のエンジン燃料噴射制御ソフトの開発エンジニア様
                      ◎三菱重工の戦車エンジニア様
                      ◎ソニーの半導体設計エンジニア様
                      ◎パナソニックの元資材部長様・・・・・当方からは頼まないのに工事後に感想文を頂きました-トップページ
                      ◎味の素の食品開発エンジニア様
                      ◎大手ゼネコン御勤務の現場監修様・・・・・・こちらは多いです。
                      ◎スーパー建築設計最古最大手-日建設計 メンテナンス部門様
                      ◎建築設計業1級建築士様・・・・・・・・こちらも多いです。
 
 
                ビジネスとは何たるか? すらも理解していない訪問販売も居ます。
                具体的には、下手に見積もりを頼むと・・・・・、ひつこい再訪問、、、、、、、、
                そして見積もりを頼んで工事を断ると・・・・・、低劣ないやがらせ、、、、、、、
 
                そういう一部の連中が業界全体のイメージを悪くしているのです。
 
                ビジネスとはドライなもの 、
                80〜90年代に大手企業を相手に億単位の半導体ビジネスで活躍していた私共にはその程度の理解は
                当たり前にあります。
                アドバンスペイントのビジネス姿勢は御客様の自由度を尊重し、且つドライです。
                安心して御見積りを御依頼下さい。
 
アドバンスペイント創業と命名の経緯、
米国シリコンバレー仕込み塗装店

                 アドバンスペイントは上記御紹介 家屋建築専門家らブレーンの様々な経験や理論が取り入れられて創られて

                 います。私は高校の頃から和知社長が主催する柔道サークル町田雄飛会に週に二回ほど2時間余りの稽古に

                 通っていました。雄飛会は町田市中町に在った旧野口道場が 昭和54年頃廃門になったため、

                 和知社長らベテラン有段者らの尽力により町田市からの理解も得られて開かれたのです。

                 仕事を終えたサラリーマンらや学生らが多く集い汗して稽古に励みます。

                 稽古が終ると皆で町田市内の飲み屋を梯子します。雰囲気の良いサークルでした。

 

                 当初は和知社長から多摩建設が建てた戸建ての 塗り替えの見積もりに行ってこい、と指令されて

                 塗装工事外販は行ってはいませんでしたが、平成5年の秋からはアドバンスペイントの屋号で

                 本格的に外販施工がスタートしました。

 

                 「アドバンスペイント」の名付け親は 半導体業界出身のこの私です。

                 米国シリコンバレーにはアスロンCPUでもおなじみのAMD社:アドバンストマイクロデバイセズ社があります。

                 ジェリーサンダースと言う創業社長で全世界の顧客やベンダーを年に一回、本社近くのホテルに泊めて

                 ビリヤート大会を一カ月間やることで有名なユニーク な社長です。

                 このAMD社のように多少の遊び心もあるユニークな塗装工事組織にしよう、との願いから、

                 アドバンスペイントと命名しました。人間は少しの遊び心があると創造性も出て来るのです。

         

                 また「アドバンス」とは最新、先進、最先端のニュアンスもあります。

 
半導体時代 米国カリフォルニア州サンノゼの シリコンバレーの中にあるMITに次ぐ名門
ナショナルセミコン本社前で 中央が私。当時27歳。 スタンフォード大学。私の撮影です!!
左は台湾の彼と右は香港の彼、両者とも設計エンジニア。 留学ではありませんが連れて行って貰いました!!
当初は時差ボケにやられていました。 図書館等は利用しました。
「昼食が会社で出る」と聞いていましたが・・・ 当時からアジア人留学生が多かったです。
出て来たのは350mlの缶コーラとドーナツ3個でした。  
現在タイル洗いで活躍のフジちゃん 当時36歳 こちらは私です。当時27歳
藤沼氏  
フジちゃんと韓国の朴さん 朴さんと私

      半導体メーカー韓国現地法人の朴さんも技術研修に来ていました。

      当時は未だサムソンの半導体メモリーは世には無かった時代です。

      兄貴肌の人で現地のことで戸惑う私ら二人をサポートしてくれました。帰りはサンフランの空港までレンタカーで

      送ってくれました。

 
オール理系出身&大手メーカー相手ビジネス経験者による
安心して見積もりが頼める塗装セールス
 
現在の藤沼氏−フジちゃん 橋本氏
カシオを始め、ナショナルセミコン社、オンセミ社、 既に現役リタイヤ−60代後半です。
高千穂交易社等、勤務経験 営業や時には足場手伝いにも来てくれます。
  日本信号、モトローラ社、ナショセミ社等勤務経験
下地氏−シモさん
モトローラ社、GE社、独シーメンス社等に勤務経験
関西弁での塗装説明は分かり易いです。
 
アドバンスペイントの雰囲気の本当の常呂
半導体産業はほぼ日本から全滅しましたが。私達は確実でトップクラスの外装技術を消費者の皆様に
信頼第一で分かり易くアブリケートして行きたい、と考えています。
大手一流常呂のビジネス経験でしたので、やはり塗料や職人も一流常呂に絞っています。
 
また彼らはタイル洗浄や塗装親方監督の足場も手伝います。
豊富な経験の建築技術専門家達、凹凸色分け等でワザを持つ塗装職らを尊敬する上記理系出身営業達、
1級塗装技能士クラス塗装職ら、この三者が相互影響し合って技術オリエンティッドの雰囲気に溢れている
のがアドバンスペイントの現場です。
 
シリコンバレーでのエピソート
                ジョージア州アトランタからサンノゼのラディソンホテルで待ち合わせ同行した藤沼氏:フジちゃんと
                部屋で話していると、突然、白人のホテル支配人らしきがノックして来て・・・・・、
                「有毒ガスが配管から漏れ出したから逃げてくれ」、と言うのです。
 
                あのときは本当にビビリました。初渡米2日目での出来事です。
                ビビったと同時に、「随分と大雑把な国だなー」と思ったものです。
                午後8時頃でしたが カリフォルニアの外はまだ明るかったです。

                そしてフジちゃんとサンノゼの街をうろついて日本食レストランを見付けたときはホッとしました。

 

               シリコンバレーではICの中もソフトもハードも総て一人で設計するスーパーエンジニアも見ました。

               「微に入り細を穿つ」と言う言葉があります。

                しかしながら・・・・細を穿つにも最初に全体象を把握しなければ、、、それは不可能とも思うのです。

               日本人の感覚からすれば怖ろしく大雑把でブロークンに見える アメリカ人の世界でも、

               やはり微には入っているのです。

 
カリフォルニアの建売住宅も見学、
サンタクルーズと呼ばれる所の建売り住宅にも香港の彼が車で連れて行ってくれました。
部屋が20もあり、ゆったり過ぎるこの家の住宅街がダウンタウンなのだそうです。
当時価格では日本円で1500万円位でした。日本はバブル最盛期でしたので本気で「買おう」
などと考えたものでした。何処に行っても日本のように上に伸びるのではなく横にゆったりと
広がる造りで20前後の各部屋も六〜八畳クラスばかりでした。「これが本物の社会だ!!」と考え
たりもしました。
 
アドバンスペイントは何故?工事価格が低価格路線なのか?

                 私 が半導体業界に居てアメリカに行ったりしていた80年代後半は日本は地価バブル狂乱の時代で

                 戦後日本が高度経済成長から安定成長時代に入って73年のオイルショック時以降から省エネ系の

                 技術が開発されて80年代に入ると半導体産業等のハイテク産業も勃興し、それらが最高潮に成った

                 時期でもありました。

 

                 思えば70年代後半頃までは未だ伝統的なコミュニティー社会が私の故郷等にも残っていましたが、

                 80年代に入ると急速にそれらが薄れて行った記憶があります。

                 パソコンとかのハイテク製品も出ては来ましたが未だ黎明期でした。

                 私は10代後半〜20代でしたが、あの80年代ほど先が見え辛く混沌としていて苦しかった時代も無かったと

                今でも思い出します。70年代は世の中に未だ暖か味がありましたが80年代に入ると急に世知辛くなりました。

 

                90年代はこれまたバブル崩壊以降の混沌とした時代が継続していて80年代の後始末の時代でもあり、

                銀行等が不良債権を抱えて、産業的には勃興して来た新興国に追い上げられ始めた時代でもありました。

                戦後の高度成長期からの右肩上がりインフレの時代は明らかに終わり、低価格新興国製品に追われる

                デフレ時代の始まりだったのです。

 

                2000年代とは明らかにそのデフレ時代が根付き、雇用ですら簡単にリストラされるようになり、

                新興国と対峙するには一番金の掛る人件費から削られる時代になったのです。

                その代わりデフレですので消費財製品等も以前に比べると低価格にもなったのです。

 

                ただこれらは丁度、私が87年頃に見たアメリカの姿に近いものだとも思います。

                間接経費や無駄を省いて原価に少しの利幅を乗せて包装紙も紙手提げ袋も省いて現物のまま

                土産を売るサンフランやロスの土産屋の姿です。杓子定規や飾りを省いた実質本位そのものの商いです。

                あれはあれでまたいいもの・・・なのです。 要はコストを何処にどう掛けているか? なのです。

                御客様支払金額が高くても中間営業経費が7割、工事実質3割などと言うリフォームでは話になりません。

 

塗装は実質商売の塗装店がお得!!
御客様選択肢 自由度も重要

                 私が半導体時代にアメリカ シリコンバレーに行って泊ったホテルで感激したのは、

                 87年当時でさえホテル備え付けのTVのチャンネル数が200チャンネル以上もあったことです。

                 そしてゴルフならゴルフだけを一日中放送しているチャンネル。プロレスならプロレスだけを、、、

                 野球なら野球だけを一日中放送しているのです。

 

                 「これが自由の国か」、と思ったものです。

 
                 リフォームや塗装もそうあって然りだと思うのです。御客様には、まず「こういう工事がありますよ」と、
                 御紹介をするべきなのです。私共のサイトがデータベース型なのもこの思想所以です。
 
                 私共は御客様からの自発的御意思以外には期待をするものはございません。

                 厚かましい訪販や点検商法、ひつこい売り手からの契約催促も致してはおりません。

 

                 2017年−平成29年の現在、「将来には銀行は無くなる」などとも言われています。

                 またネットの普及に合わせて少ない社員と仕事人とで仕事は行われ大人数社員体制は無くなる、

                 とも言われています。

 

                塗装工事の工事原価などはどの業社でもほとんど変わりません。

                値段が異なって来るのは工事には無関係の間接経費によるものなのです。

                多人数の職人社員を抱えていたり歩合営業を抱えていたりすると自ずと高コスト体質になります。

                宣伝経費やネットリンク等のIT経費も御客様最終価格に上載せされるのです。、

                アドバンスペイントはズバリ、サンフランシスコの土産物の如く実質商売で行きます。

 

 御客様の〃自由〃を何よりも尊重

   アドバンスペイントの最大理念は、御客様の自由意思を何よりも尊重することです。

   そのため、ひつこい販売催促や再訪問等は致してはいません。

   また、あつかましい訪問販売も行ってはいません。

 
バブルではないデフレ時代の良識的 職人直卸値-価格体系
    アドバンスペイントの元請け利益は26坪の家屋全塗り塗装でも15〜20万円60坪の家屋でも15〜20万円
    総て一律です。これは関西ペイントが認定登録店に対して指導していた1棟利幅です。
    塗装工事の利幅は業者により様々ですが、職人直請けを謳ってはいても1棟で60万円の利幅を積むような業者もザラに
    居ます。利幅は否定しませんが、バブルではない良識的な社会持続性の態度も望まれます。
    また財団法人-住宅リフォーム紛争処理支援センターの理念の基、エゲツの無い暴利のリフォーム工事は致しません。
 

アドバンスなら営業的にガツガツせず純粋技術視点での施工が可能

    またアドバンスペイントには元々、多くの在籍大工棟梁らが過去に建てた家屋の塗装工事による社内需が在ります。
    それら数多くの潜在独自市場を持つ故、新規外販オンリーの業者の如く営業的にガツガツはしていません。
    それ故、営業のための営業や施工は行わない純粋技術視点でのアドバイスや施工が可能です。
 

御客様の御要望&立場ももちろん大切ですが...

    まず純粋技術的-真理真相を御話&御説明致します。
    その上で御客様御自身が御予算を考えられて〃抜本度の高い工事〃 か 〃応急簡易対策〃かを選ばれれば
    良いのです。アドバンスペイントは〃黒を白〃と言いくるめたり、素人の御客様と安易な妥協的方向性のみを
    提示して施工をする、その場限りの利益を追うようなアプローチは致しません。
 
       大手A社:塗装工事総額180万円    
  ※.実態は営業所維持経費や正社員給与・歩合給等の工事無関係経費が全体の60%のケースも
           
       職人直請けB社:塗装工事総額150万円    
  ※.職人直請けを謳ってはいても大手とさほど変わらない最終金額。実際に施工に入るのは若い手元だったりする。
      身の丈に合わない利幅も。
           
  断然お買い得 量販店価格&施工体制のアドバンスペイント  
     アドバンスペイント:塗装工事総額90万円 白蟻8〜10万円施工    
  ※.ローラーおじさんフレンド会員制度により白蟻消毒を激安同時施工しても未だオツリが来る!!
      しかもグループ内あらゆるリフォーム工事優待価格のローラーおじさんフレンド会員制度は後々まで有効。
  ※.また総勢約60名からの厳選塗装職により総合力対応が可能。基本的に受注から2ケ月以上は御待たせもしません。
      ⇒保障工事も迅速です。

ホントの常呂、アドバンスペイントこそ賢い消費者の選択です。

 

平成8年には関西ペイント認定登録工事店指定を受けています。

以来、約15年間、関ペ材料を施工し常に最新動向も追っています。

同制度は偽名業者のため平成18年に廃止となりましたが、関ペ材料の豊富な施工経験を

御理解頂きたい迄です。

80〜90年代に大手一流メーカー相手ビジネス経験のアドバイザーらが対応
世界の超一流メーカーにも在職経験のアドバイザーらがあなたの住宅街で活躍!!
 

      御安心下さい!!  アドバンスペイントの営業担当は感情には流されません。

      当たり前のことですが、皆、ビジネスマナーをわきまえています。

      私共は訪問販売は勿論、見積もり後の厚かましくもひっこく非常識で強引な再セールス等も一切致してはいません。

 

       また職人直請け工事ですと筋肉質の荒々しい塗装職らに雰囲気的に圧倒されてしまい、言いたいことも

       十分に言えなくなることもあり得ます。また大手と変わらないような値段の塗装職直施工では意味はありません。

 

       職人直請け工事もクローズアップはされますが、第三者客観的立場のセカンドオピニオンの存在は

       在ると無いとでは大違いです。疑問なこと、御不安なこと、言いたいことも述べて頂ける安心&確実な体制です。

 

       またアドバンスペイントのアドバイザーらは、ほとんどが過去に大手一流メーカー相手にハイテク製品を売り込む

       ビジネス経験を持つ理系出身者で構成されています。

       一流メーカー相手に活躍して来た自信ある私共の技術アプローチやセールスに御期待下さい。

 
最終監修は(財)住宅リフォーム紛争処理支援センター増改築相談員-資格者が致します。
 
 

      お見積もりを依頼したからといって契約をしなくてはならなくなる、ということはアドバンスではまずありません。

 
御買い物的に御客様に失敗をさせない塗装工事
新築時家屋/外壁コンセプトを潰す嘘ばかりの塗装/リフォーム業界

     家屋とは建てたハウスメーカーや工務店独自の個々コンセプトを持っています。

     また立地条件から来る日射条件も1棟1棟で総て異なります。

     新築時に立地/日射条件まで考慮されている家屋はごく少数ですが在るには在ります。

 

     〃塗装〃とか〃塗装屋〃の言葉には外部防水全般とか家屋保護のイメージが浮かびますが、

     それらはあくまで〃抽象論〃なのです。家屋保護/健全化は個々家屋特徴/建築技術まで知らないと本来

     具体的には成し得ず、むしろ間違った塗装工事は家屋劣化を助長もしているのです。

 

     単に「シリコンがいい」だの、「汚れが入り難いからいい」だの・・・

     多くの塗装/リフォーム屋が行っている「塗料塗膜の性能」から売り込むのは間違いです。

 

     塗る側が自分の塗料塗膜を押し売りするのではなく、塗られる側の現状劣化や最適整合性を見定めて

     塗られる側に合わせたその家屋のみに最適合致する塗料/塗装工法を御提案/施工するのが本来は正しいのです。

 
                                                                   

                                                                    

伝統工務店系ならではの一味違う塗装工事・本質御提案。アドバンスは木だけを見ず、まず森全体を見ます!!

アドバンスペイントでは工事受注の約6割がネット経由での御客様です。

宣伝・営業等の間接経費を掛けませんので、ワンランク上の高級上位塗料の施工でも実質本位で安くてお買い得です!!

 

東京23区内、多摩地区、神奈川県、埼玉県、山梨県、千葉県等、各地区に施工サテライトを置いていますので

首都圏各地で薄く広く塗装工事施工実績を持ちます。

 

®

「木だけを見るな、森全体を見ろ」、がアドバンスの基本スタンス

多摩建設株式会社は元来、一戸建て建築の会社です。

リフォーム工事全般で何でも御相談ください。

 ● 多摩建設潟Oループ :  一戸建て建築 約40年以上の実績、リフォーム・ペイント施工外販 17年の実績があります。

   かってはミサワホーム梶AS×L鞄凾フ大手ハウスメーカー指定工事店として膨大な数の新築家屋施工実績があります。

   他、関連会社、首都圏住宅
     多摩建設渇革:昭和42年-町田市中町にて創業、三十数年間、町田市森野2-26-16に在社、
         平成11年5月-町田市森野5丁目に移転後、平成14年-町田市山崎町7-9-307に再移転
         戸建てハウスメーカー指定工事店以外にも自前設計家屋、土木工事、町田市公共工事、ビルリニューアル工事等にも
         多くの実績を持ちます。
 
 ● 主要業務:増改築施工、新築施工、外壁塗装、屋根塗装、木鉄部塗装、意匠系スタッコ模様外壁付与工事、ユニットバス
   システムキッチン・洗面台工事、屋根瓦葺き替え工事、サイディング張工事、床フローリング張替え工事、
   壁紙クロス張り施工、外装タイル張り工事、各種アルミ・エクステリア工事、各種土木工事、結露・熱対策・白蟻工事
   不動産査定・売買コンサルティング、公共工事、アスベスト対策相談、その他リフォーム工事
 
 ● 関連資格者 : 2級塗装技能士約20名、1級塗装技能士7名、足場組立作業主任資格者約6名、 高所作業車受講者8名

有機溶剤作業主任資格者3名、特定化学物質主任資格者2名、不動産宅建資格者2名、2級・1級建築士各1名。

2級施工管理士1名、職長安全衛生責任資格者4名

 
 ●(財団法人)住宅リフォーム紛争処理支援センター 増改築相談員資格者 も在籍しています。あらゆるリフォーム工事も
  お気軽に御相談下さい。
 
 ● 東京土建組合加盟: 労働安全衛生法・建設業法の遵守を重視、もちろん物損保険、労災保険 、第三者賠償は万全完備。
     業界最メジャーな建設組合に加盟、我流の施工は排し様々な建設業界標準たる指導を受けています。
 
 ● 使用塗料 :  使用する主力外壁塗料並びに屋根塗料等は関西ペイント製品が全体の約6〜7割です。
            石目調セラミック意匠系塗料は主にSK化研製品を使用。 他、良いコンセプト・性能を持つ塗料は
            メーカーにはこだわらずに率先して導入・使用しています。

以前は制度自体が廃止となった関西ペイント旧認定登録施工店395号でしたので

関ペ塗料製品に技術的に詳しく施工経験も豊富な職方が多く揃っています。

 

 「一棟一棟をオーダーメイド・ペイント」が理念。規模は比較的大きくありませんが、マスプロ施工は戒めています

17・18年 新築施工実績総数約46棟、グループ全体首都圏関東地方リフォーム・塗替え施工実績総数 約560棟

塗装職方総数約80人、大工総数約22人、他、建築関連職人総数300人以上、

 
 
                                                                   

                                                                    

マイホーム建築を知り尽くした技術最優先理念・塗替え工事の価格と内容を是非お試し下さい!


 ●「塗替え工事はしたいが、見積もりを取ると業者によって値段が開き、皆言うことも違い、何を信じて良いのかわからない」

 ●「塗装屋やリフォーム屋から家屋問題点の対策指導を受けたのだが、原因説明等でいま一つ腑に落ちない」

 ●「一流塗料メーカー最新コンセプトの外壁塗料製品が知りたい」、「我が家に最適合致する外壁塗料が幾つあるか知りたい」

 ●「家電製品のように、塗料性能や塗装工法・グレードジャンル・特徴を自分で良く理解して納得・選択してから施工がしたい」
 ●「近所にある、気に入った、ああいう模様を我が家の外壁にも付与してみたい」
 

アドバンスペイントのアドバイザーに御要望をぶつけて下さい。御見積もり書を是非、御覧下さい。疑問は総て解けます。

       御見積もりを御希望の方はこちらをクリック!      厚かましくないドライな体制

■お見積り依頼

弊社アドバイザーは巻尺メジャーを使わずに道から数分観ただけで間数計測は可能ですので、
 外壁材は御予算・最適合致 顔を合わすことなく見積もりが可能です。後日、宅急便で無料送付を致しております。お電話で
 機能・目的別に4〜6グレード 御要望を御伺いした上で、現状診断書・最適合致塗料御提案書・グレード説明を御付け致し
 を御見積もり致します。 ます。ドライな思想ですので、厚かましい繰り返し訪問セールスも致しません。勿論無料

 

必見】   ■シーズンキャンペーン情報

ネット経由での施工の御客様には、常時一律値引き幅を設けています。

®

横浜,神奈川はもちろん、

埼玉,千葉,静岡,山梨も

工事できるよ

 

 

〜 ネット販売でも安心の施工サテライト体制。首都圏各地で施工実績を持ちます 〜

こちらも是非観てね!必見】  地域別 施工御値段例バックナンバー

■ 東京,横浜市,神奈川,埼玉,千葉,山梨,静岡,首都圏 地域・材料別 施工一覧サイトマップ

ネット販売ですので施工実績同士の距離はありますが、実質本位でお買い得です!!

 
※. 当社本部から遠距離でも、お見積もり等は御遠慮無くお申し付け下さい。

  塗料最新動向と施工の双方に精通したアドバイザーが御説明致します。

 

下記 電話代御負担無し お客様総合アクセス無料フリーダイヤルを御利用下さい

〜 携帯・PHSからも可能です 〜

ハイグレード材でもオトク価格で工事レマス (ハチイチキューゼロキューハチ)

 

      ウォールケア技術本部ペイント工事部門 

      〒194-0013 東京都町田市原町田2-16-8-108 
      増改築・新築・リフォーム工事部門
      〒195-0075 東京都町田市山崎町7-9-307 多摩建設株式会社本社内

TEL.042-792-8222 多摩建設(株)本社内

Eメール連絡先      advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

    ※. ペイントローラーおじさんロゴマークは弊社に登録商標権が帰属しています。

    ※. 御見積もり依頼はできるだけ上記フリーダイヤルにて口頭で直に御伝え下さい。

    ※. 当方は塗料卸売り販売業者ではございません。工事・施工店です。塗料販売は致しておりません。
 
同じ御値段ならば、アドバンスペイントならば、間違い無く、
ワンランク上の材料で施工ができる!! 
 
塗料最新情報・動向を始め、
家の塗り替え工事のことなら何でもわかる、
是非、トップページから御覧下さい。

copy right(C)1998-2008 followed all pages and all rights reserved Tama Kensetsu corp & ADVANCE Paint.