横浜市 青葉区 関ペ最新外断熱塗料 施工例

住宅家屋外壁の塗装 外装 塗り替え 防水 リフォーム工事が高級塗料使用でも激安
横浜市青葉区 都筑区 緑区 港北区 保土ヶ谷区 川崎市麻生区 宮前区 高津区 多摩区 稲城市
多摩市 日野市 町田市 相模原市等、神奈川県北東部、当社厳選職人さん施工が可能です。

マイホーム建築を知り尽くした総合力に御任せ下さい。

ネット販売・IT化恩恵で上位高級塗料の施工を安く、お得に御買い物!!

材料・職人・御値段・総合力

多摩建設株式会社グル−プ  アドバンス ペイント エンジニアリング協会

 

(財団法人)住宅リフォーム紛争処理支援センター 増改築相談員資格者も在籍しています。

あらゆるりフォーム工事も御気軽にお問い合わせ下さい。

ネット販売だから安い!!塗装工事

「一流メーカー純正高級上位塗料による確実な施工を量販店価格で」が私共の主旨です。

ペイントローラーおじさん®

外壁塗装工事は家屋建築技術全体を見渡せる、

総合力のある伝統工務店系の方がベストです

   完成写真  底を開けたら中まで腐食が進行

   2階出窓の雨漏り-リフォーム専業業者では本質を見抜かず無駄な費用が・・・
  塗装業者が外壁塗装をすれば直ると言うので家全体を塗装しましたが
  解決しませんでした。原因はアルミ窓枠の造りの欠陥でした。枠交換で根本解決。

直通フリーダイヤル0120-819098

土曜・日曜も営業   携帯・PHSからも可能です。

本部リフォーム部門 & ウォールケァ ペイント工事部門

〒194-0013 東京都町田市原町田2-16-8-108号

旧関西ペイント認定登録店395号(2005年1月制度自体が廃止)

家屋でお困りのこと&塗り替え工事は 多摩建設潟Oループ アドバンスペイントに御相談下さい。

母体は家屋建築経験40年の伝統工務店 多摩建設梶B塗装は厳選職人さんを揃えています。

また、当グループは関西ペイント製品の施工に長年精通した職人さんが多く揃っています。

 

主要メーカー 最新高付加価値・高人気塗料だけを御提案&施工

厳選高級塗装ディスカウント工事量販店

多摩建設潟Oループ

アドバンスペイント エンジニアリング協会

アドバンスペイントではアドバイザーが塗料メーカー最新動向を絶えずウォッチしています。

高付加価値の最新塗料と、信頼できる良いものだけを率先して御提案&施工しています。

使用塗料について

   ※ 御質問等は、御客様の御負担無し!!  電話代無料 フリーダイヤルを御利用下さい。
   ※ 外壁塗料の御見積もりは御予算・目的別4〜6グレードを御提案致します。
   ※ 雨樋修理 から 増改築・建て替え まで、御気軽に御相談・御電話下さい。
   ※ 当社営業姿勢はドライです。見積りと発注は別問題。会わずにポスト投函のみも可能です。
 

関ペ外壁材グレード一覧関ペ外壁材性能一覧関ペ正式資料類日本ペイント、SK化研製品一覧

索引・塗り替えコラム施工・お値段例バックナンバーリフォーム工事サイトマップお見積り依頼

 

Eメール連絡先      advp8190@mint.ocn.ne.jp

 
 

塗料最新動向を始め、

家の塗り替え工事のことなら何でもわかる

 

是非トップページから御覧下さい

※ アドバンスペイントは、静岡県東部、山梨県東部を含む首都圏一円広く施工しています。

 
                                         

                  
 

〜 2007年現在、国内で最も出荷数の多い外壁用途の断熱塗料です 〜

夢の外断熱塗料 ドリームコート

熱を従来外壁塗料の1/5しか通しません、夏涼しく、冬暖か!!

3ヶ月毎冷暖房費を約8%節約できます。御値段も手頃です。

 

断熱塗料こそ究極の外壁塗料だ!! 夏涼しく冬暖か、

ペイント ローラーおじさん

   
   外断熱で壁内結露が緩和できるから、
   内部構造木材が脆弱化しないで家は長持ちするぞ、
           シロアリや害虫発生も抑止されるから健康住宅にもなるぞ、
 

 何故、断熱塗料がいいの?

施工・お値段例Aを見る トップページに戻る
  塗膜表面サンプルが見れます  

 メーカー・ブローシャを見る

施工・お値段例Bを見る  
  塗膜表面サンプルが見れます  

 性能詳細を見る

施工・お値段例Cを見る 御問い合わせ
  塗膜表面サンプルが見れます  
                                                               
                                         

グレードは水性弾性アクリル・グレード帯ですが。

優れた断熱性能を持ちますので、塗る価値は十分にあります !!

 

アドバンスペイント お勧め度 ★★★★

 

関ペ正価 ¥12000/缶 塗布面積10〜12u

アレス ドリームコートの施工は関西ペイント認定登録店での施工が確実です。

 

T邸  約38坪  横浜市青葉区 外壁塗装: ドリームコート仕上げ

横浜市青葉区近辺では施工実績多数ございます。

 
 防水・耐候耐久力 : ○ 約10年
 通気・透湿性能   : ○ 約19% ※新築時有機系リシンを100%基準
 対汚染対策      : /  無し
 対カビ・コケ対策   : ○   標準的な防カビ力は持ちます。
 弾力性           : ● 弾力性能 は標準よりも大幅に優れます。
 最大特徴        : 熱を従来塗料の1/6しか通さない
                   優れた断熱性能。
 
 /:機能としては全く持たない
 ○:必要最低限の機能として備えている
 ◎:機能としては優れている
 ●:機能としては特別に優れている
 

木鉄塗装 足場代等諸経費完全込みで、税込み55万円 38坪

 
関ペ外壁材お値段一覧表 関ペ外壁材諸性能一覧表
 
日本ペイント、SK化研 製品同等品一覧表
 
↓ クリックするとアップ写真になります。 ↓

  仕上がり美観コメント!!
 ドリーム・コートの仕上がり外観は、ツヤ消しです。無機系フネックスのツヤ消しに、
 よく似ています。水性の有機ですのでフネックスよりも若干ビニール的ではありますが、
 とても上品で安定感のあるツヤ消し仕上げになります。好評を頂いております。

御希望ならば、実物サンプルも御見せしています。

  Oneコメント !!
 ドリームコートの信頼性は? 主要一流塗料メーカー品は信頼性が高い
  ドリームコートは国内老舗最大手塗料メーカーである関西ペイントの自信作です。
  一流メーカーの塗料は信頼性の高い実証プラントで検証を重ねて性能を確認された上で市場に
  投入をされています。逆に言えば、これら関ペ、日ぺ等の一流メーカーや国内主要塗料メーカー
  以上の信頼性の高いものが、いきなり市場に出回る可能性はそう高くはないはずです。
  何故なら、これら主要メーカーほどの研究開発費や実験・生産プラントに莫大な投資をしている
  塗料メーカーは少ないからです。
 
 世の中で流行っている総ての塗料の特徴的全性能を持つ塗料などは有り得ない
  光触媒塗料、天然珪藻土、火に燃えない不燃塗料、断熱塗料、汚れが付かない親水性塗料、
  毒物を吸収分解する低VOC塗料、これらは総てジャンルや基本的性能特徴が異なる塗料です。
 
  これらの性能を総て満足する塗料などは有り得ないのです。但し、性能スペック基準があいまい
  で絶対基準が無い技術の世界ならば方便で何とでもジャンク・スペックは書くだけならば書ける
  のです。素晴らしい謳い文句の塗料でも、技術の実態はそのごく一部分のみでオーバートークを
  通り越した宣伝的ハッタリ塗料も有り、大手塗料メーカーの関係者らは笑っているのです。
 
  例えば、塗料として火に燃えない性能ならば、日本工業規格であるJISで、全く燃えないのならば
  JIS1種不燃防災塗料、単に燃えにくいだけならJIS2種難燃塗料、として日本国内では明確な
  技術基準が有り、信頼できる主要大手塗料メーカーならばこれらの正式規格で述べるのです。
 
  また、塗料とは対極の相反する性能も両立は出来ません。弾力を持たせれば持たせるほど、
  塗膜は柔らかくなりますから、柔らかいと云うことはホコリ汚れが刺さり易くなり、汚れが付き難い
  低汚染性能は落ちます。低汚染性能と弾力性能の完全両立は不可能なのです。
 
  また、外部防水耐候力性能と通気・透湿性能も正反対の対極性能ですので一方を優先させると
  必ずもう一方は犠牲になるのです。両性能の中間平均を採ることはできますが、完全両立は、
  性能概念自体が対極なのですから、神様や超一流塗料メーカーの開発力でも不可能なのです。
 
 〃断熱〃と〃遮熱〃は、どう違うのか?
  ドリームコートのように〃断熱〃を謳ったものも有れば、〃遮熱〃と呼称する塗料もあります。
 
  まず申し上げたいのは、ドリームコートはモルタル外壁に塗るための塗料です。それもリシン面の
  ように下地が優れた通気性能を持つ場合には、その通気性能を大幅に潰すことなく断熱性能を
  実現できる塗料なのです。このような塗料を〃湿式塗料〃と呼びます。
 
  シェア的に多く使われるノーマルな単層弾性と呼ばれる水性エマルション塗料では、有機リシン面
  の通気能力が100能力に対して、リシン面の上に塗ると100能力が10〜15能力に落ちます。
  関ペ塗り替え用塗料の中では最も通気性能に優れる同じく湿式塗料のフネックスで25〜30能力に
  、ドリームコートでは15〜20能力となります。
 
  一般に、〃遮熱塗料〃と呼ばれているものは比較的通気性能に優れている水性エマルション
  ではありません。溶剤型であるケースが多く、この希釈組成では通気能力は5〜7が限界なのです
  。よって遮熱塗料とはサイディング面やコロニアル屋根等の非通気性の下地には合致しますが、
  通気性能維持を念頭に置くべきであるモルタル外壁リシン面のような下地には合致はしません。
  何故ならモルタル内部の湿度を逃がす湿式塗料ではないからです。怖ろしいのは、、、、、
     通気性・非通気性下地を問わずにマスプロナイズされた遮熱塗料を見境なくモルタル外壁だろ
  うがサイディングだろうが屋根だろうが総てに塗ってしまうようなケースです。
 
  きちんとした大手塗料メーカーでは、下地によって塗料をセレクトすることが前提の考え方です
  ので各下地に向いた多種類の塗料を出しています。屋根なら屋根専用塗料、外壁でもリシン面、
  サイディング面、吹き付けタイル面各其々に向いた塗料を細分化して出しています。
  出してはいるのですが職人さん向けに懇切丁寧に「・・・に向く、」とは解説はしていません。
  プロ世界向けですので暗黙裡に使う側が知っているもの・・・とする前提次元での説明止まりなの
  です。意地の悪い話ですが。
 
  一般に、屋根にもモルタルにも木鉄部にも何にでも塗れますよ、と云った万能タイプ塗料とは
  信頼出来るメーカー塗料の中ではそれほど高くはない低位グレードに位置付けられています。
 
  ドリームコートのような断熱塗料と呼ばれているものは一定の厚みを持ちますが、遮熱塗料とは
  化学的熱反射力ですので厚みが無く、普通の合成樹脂ペンキと同じような仕上がりになります。
 
  塗料とは塗る対象である下地によって、その特徴的性能・性質から分類して使い分ける必要が
  あるのです。つまり、遮熱塗料とは普通のモルタル外壁には必ずしも合致はしないケースがある
  と云うことです。ちなみに塗料の通気-透湿性能をメーカー担当者が有機系リシン100能力基準
  で電話にて明確な数値で答えるのは関ペ、日ペのようなメジャーなメーカーのみなのです。
  この通気性能パラメーターですらこちらから聞かないとメーカーは教えてはくれません。
  見本張等の裏側には書かれてはいません。一流トップ二社でもそうなのです。
 
 断熱塗料ドリームコートは冬場の冷気をも遮断するが、多くの遮熱塗料は高温だけ遮断
  ここも重要です。遮熱塗料は近年夏場になるとクローズアップされますが、その多くは高温の熱
  は遮断しても冬場の低温冷気は遮断しないものがほとんどです。
  絶対基準があいまいな抽象論次元のみで「低温を遮断する」と述べる製品もある可能性がある
  ということです。
 
                             大方の汎用遮熱塗料 ⇒ ほぼ高温しか遮断しない
                             関ペ断熱塗料ドリームコート ⇒ 高温も低温も1/6しか通さなくなる
 
  例えば、大日本塗料などでは遮熱塗料エコクールがありますが、エコクールは高温熱しか遮断は
  せず低温冷気は遮断しません。冬場の低温冷気まで遮断する断熱効果を持つものはKDエコクー
  ルと呼ばれる製品のみなのです。きちんとしたメーカーは「遮熱塗料」と「断熱塗料」とを明らかに
  分けています。また、傾向的にはモルタル外壁に塗る塗料として開発されたものは「断熱」が多く、
  鉄部にも瓦にもサイディングにも塗れる万能塗料として開発された熱対策塗料には「遮熱」と
  呼ばれるものが多いのです。特にモルタルでもリシン面初回塗り替えでは明らかに遮熱塗料より
  も通気性能にも優れる断熱塗料ドリームコートを選ばれた方が間違いは無いのです。
 
     大日本塗料エコクールの場合はメーカー側がはっきりと「KDエコクール以外は冷気遮断力は
     強くはない」と述べています。一流のメーカーはこのように態度がはっきりしているのです。
 
  また、冬場の外気冷気を壁の最外殻で遮断しないと、暖房を入れてある内部との内外温度差が
  激しい冬場では自然発生結露を抑止は出来ません。夏場の熱にしか対応しない遮熱塗料では
  冷房費節減の省エネには対応出来ても冬場の自然発生結露抑止には効果は薄いのです。
  つまり夏場高温熱にしか対応しない遮熱塗料はシームレス効果を期待出来る「外断熱塗料」で
    はないのです。
 
 完璧なシームレス効果は家屋に外断熱と気密性をも付与しなければ不可能
  一般に遮熱塗料と呼ばれているものでは厚さは約0.4ミリ前後程度であり普通の合成樹脂ペンキ
    とほぼ同じレベルです。
    関ペ断熱塗料ドリームコートで約1.3ミリ厚、関ペ最高水準外断熱Zウォールですと約8ミリとなり
    さすがに夏の西日弊害等も実感として緩和されます。
 
    ※.シームレス効果
        外壁や屋根棟の中の東西南北4面の温度差を縮めて平均化温度にする概念をシームレス
        と呼びます。シームレスが完璧性を持つほど自然発生結露は抑止できるようになります。
 
            
                                                                  
 ● ドリームコート                             アドバンスペイント勧め度 ★★★

熱を従来塗料の1/6しか通さない 画期的な断熱塗料です!!

 工法名称 : 湿式外断熱躯体保護防水仕上げ 
 仕上げ塗り : ドリームコート 、 下塗り : ホルダーGU厚膜フィーラ もしくは 水性シ−ラ

 

 

 

関ペ外壁材お値段一覧表

関ペ外壁材諸性能一覧表

 
 塗膜グレード:水性 ウレタン系断熱塗料、(関ペ担当者 ウレタン説と、独自非ウレタン説もあり)
 缶単価: ドリームコート(¥12000)

←希釈グレード低

水性

1液弱溶剤型

2液弱溶剤型

2液強溶剤型

希釈グレード高→

←組成グレード低

アクリル

ウレタン

シリコン

フッ素

組成グレード高→

 
 仕上がり美観: 完全ツヤ消し、ビニール調
 防水耐候力: 最大約8〜10年、
 汚れ難さ: 低汚染対策はありません。防カビ力は標準的なアクアビルド並みのものを持ちます。
 弾力性:完全弾性有り、
 透湿性:有機リシンを100%として、約 15〜19%
 
 最大特徴:平成13年10月より供給開始された製品です。
         鉛等の有害物を極力排除した環境配慮型塗料です。
         熱伝導率が極めて小さく、これを外壁に塗ると冬は暖か、夏は涼しくなります。
         従来塗料の約1/6しか熱を通さないので、塗装工事により外壁の外断熱化が
         実現できます。今や、水性グレード単層弾性塗料はドリームコートのみに価値
         がある、夢の塗料」と言っても過言ではありません。
 
  長所:外断熱化されることによる最大メリツトとは、壁内部の湿気・結露が緩和されることです。
     壁内結露が激しいと、壁内部の発砲ウレタン断熱材が湿気を帯び、そこにカビコケ、
     ダニ・蚤等の害虫が発生し、アトピーアレルギー等の原因となることが近年叫ばれています。
     また、構造木材も脆弱化して強度が弱まり、震災時倒壊リスクが上昇するとも云われています。
     壁内部結露は冬場の家屋内外温度差が最大原因ですので寒冷地ほど顕著です。
 
     結露発生原因の熱温度差自体を外壁の最も外側でシャットしてしまう外断熱化は、家屋の
     健康住宅化、省エネルギー化、倒壊リスク軽減と言った計り知れないメリットをもたらします。
     何故なら、壁内結露さえ抑止できれば家屋とは100年でも150年でも健全維持ができるからです。
     気密性・外断熱・壁内換気の三つが揃った北欧やカナダ等の家屋が100年以上の寿命を
     ごく普通に持っていて、内断熱の日本の家屋が平均約30年寿命の欠陥家屋であることは、
     週刊誌や新聞等でもよく述べられていることです。
 
     ドリームコートはまた、透湿性・通気性能力も約15 〜19%と、無機系フネックスに次ぐ、
     塗り替え用途塗料としては高性能に位置します。断熱性能と高いの透湿・通気性能力
     との相乗効果により、従来よりも大幅な壁内結露緩和が期待できます。
 
         その他、以下のような極めて特徴的なメリットがあります。
 
      ◎ 「部屋別」「壁の上下」「昼と夜」それぞれの室内温度差を少なくします。
         ⇒ シームレス断熱効果により、保温性が向上し、高齢者に優しい住宅になります。
 
      ◎ 従来塗料に比べ、冷暖房費が約3ヶ月ベースで約8%節約できます。

(関ペ発表データより)  

 
      ◎ 弾性経年保持率に優れます。これまでの如何なる弾性塗料よりも優れています。
         弾性効果が長期に渡り持続しますので、ヒビ割れ対策も万全です。
 
      ◎ 外部防水性能も、これまでの如何なる弾性塗料よりも優れています。
 
      ◎ 超軽量 ⇒ 従来塗料では考えられない、超軽量塗料です。
                 建物への負荷も軽減され、構造材への負担にもなりません。
                 また、職人さんへの作業性にもメリットがあります。
 
 短所:唯一短所は、低汚染性能が付与されていないことです。 防カビ力は標準的レベルです。
     関西ペイントでは、ドリームコート施工後に、もう一層、アクアレタンアクアシリコンACU
     コスモシリコンコスモレタンを施工することを推奨しています。
 
 他メーカー同等製品:
              
 
 御客様評判・仕上がり感:断熱性能は目に見えない性能ですが、ドリームコートは厚み約1.1mm
                  (従来弾性塗料は約0.5mm)と、厚い仕上がりになりますので、
                  水性とは言えゴージャス感があります。
                  光沢も完全ツヤ消しの落ち着いた仕上がりですので、かなりの好評を
                  頂いています。ドリームコートのみの施工でも結果的上品な仕上がり
                  になり、御満足される方が圧倒的です。
 

アドバンス ペイント施工金額例......................................................35坪以下、洋風造り、

《家の造り、木鉄部塗り物の量、塀・フェンス等周辺部分の量により御値段は変動します》

湿式外断熱弾性擬似ウレタン仕様

(上塗:ドリームコート2回以上推奨厚施工)
  (下塗:ホルダーGU厚膜フィーラ1回)

木鉄部分塗装込み・塀、車庫廻り込み・足場代等諸経費・税、完全込みで

  ......54〜58万円

 

ブラウザの矢印ボタン ←戻る  進む→ にて御戻り下さい

                                                                 
                                                                    

本格汎用外断熱外壁塗料

 
◎ 外断熱により壁内部の湿気・結露を大幅に抑止・緩和
⇒ 木材脆弱化を阻止し、震災時倒壊リスクも減少します。害虫・内部カビ発生も抑止
 
◎ 通気性・透湿性にも優れます
⇒ 15〜19%の通気性能を持ち、断熱性能との相乗効果で結露を防ぎます。
 
◎ 冷暖房費が3ヶ月ベースで約8%節約
⇒ 省エネ化・高齢者に優しい健康住宅化 になります。
 
◎ 美しいツヤ消し仕上げ
⇒ 安定感のある美しいツヤ消し仕上げです。
                                                                 
               

何故、断熱塗料がいいの?

〜 外断熱工法塗料のメリットとは何か? 〜

 
    家屋老朽化の最大原因は、目には見えない「温度」によって自然発生する「結露」なのです。
    家の中が暖かくて外が寒い内外温度差が激しい状態ですと、暖かい側に結露は自然発生を
    します。つまり内外温度差と云った目には見えない温度の問題で家屋は最も傷むのです。
 
    家屋の中で壁内結露が最も多いのは風呂場廻りです。風呂場は日本の家屋ではほとんどの
    場合、北側に在り、北側とは年間を通して日当たりが最も悪い場所ですので元来、湿気が多い
    のと、風呂場から出る湿気と、風呂場そのものが高温化しますのでダブル・トリプルバンチで
    結露が自然発生をしてしまうのです。
 
    次に結露が多いのは屋根です。屋根は外側には冷たい冷気が居るにもかかわらず、
    瓦を挟んだ内側には天井裏の熱気が居ます。部屋で発生した熱は上に向かって上昇をします
    ので最後に熱気が集まるのが二階の天井裏なのです。サウナのように高温化した天井裏と
    屋根を挟んだ外側には冷たい外気の冷気が居ますので内外温度差が極端に開きます。
    すると暖かい側の屋根野地板には膨大な量の結露が自然発生してしまいます。
 
    厳密に言えば、結露とは、外壁でも屋根でも日当たりの良い南側には比較的発生はし難く、
    日当たりの悪い北側に発生し易い傾向があります。また、寒冷地ほどリスクも高いのです。
 
    壁の内側に滞留する結露、つまりこれらの湿気は決して馬鹿にはできません。
    むしろ、外部からの雨水侵食よりも自然発生をする壁内結露の方が、家屋老朽化や脆弱化
    には、より深刻且つ、より大きな影響を与えているのです。
 
    結露とはたいていのどんな家屋でも自然発生をしてしまいます。何故なら、目には見えない
    〃温度〃が原因だからです。
 
    構造木材を脆弱化させ、内部断熱材にカビや害虫を発生させます。結露のひどい状態が
    長期間続くと、構造木材は脆弱化してしまい、震災等では栂材梁材が簡単に割れ てしまい、
    家屋倒壊のリスクが大幅に増すことが阪神震災以降 の研究によりわかってきています。

 

壁内結露は何故生じるのか? いつ生じるのか?

    壁内結露の最大原因とは何か? それは主に冬場の内外温度差です。冬場は暖房を 入れて
    暖かくなっている家屋内部と、低温の外気との温度差が激しくなっています。
 
    すると、温度の高い、家屋内側にいる水分が凝縮、液化され、窓ガラスにも水分が付着する
    のと同様に、モルタル外壁内部の木材や断熱材に発生するのが壁内結露なのです。
 
    寒い気候の東北や北海道などの冬場では、内部の断熱材が水浸しになるほど深刻な問題
    になるケースもあります。結露を抑止する気密性住宅や外断熱工法、二重通気層外壁等の
    ハウスメーカーが北欧やカナダ等の寒冷地に圧倒的に多いことからも御理解頂けるものと
    思います。
 
    壁内結露は夏にも起こります。冬場ほど深刻ではありませんが。夏は冷房を入れるので家屋
    は冷えて低温となり、外気は気温上昇で高温ですので、外壁内部ではやはり温度差による
    結露が発生します。
 

対策は?

    温度差により発生するのですから、その温度差自体を遮断してしまえば良いわけです。
    これが、外断熱工法です。家屋外壁の一番外側を断熱化してしまい、温度差自体を壁内部に
    及ばないように、また温度をどの場所でも均一になるようにすれば壁内結露は緩和されます。
 
    また、航空機のように気密化してしまえば水分を含んだ空気自体が行き来しなくなりますので
    内部結露自体は発生しなくなります。但し、気密化には計画換気が同時に必要になります。
 
    計画換気とは、壁の中に通気のための層( 通気層 )を作り、そこに自然対流もしくは電気ファン
    により空気を循環させる強制通気換気を行い結露を防ぐ方法です。
 
    魔法瓶や航空機のような〃気密性〃と、屋外の熱を外壁内部に及ぼさない〃外断熱〃
    壁の中に通気層を設けて空気を循環させる〃計画換気〃の三つが総て揃うと、壁内結露は
    ほぼ完璧に抑止が出来ます。
 
    この三つのうちの〃外断熱〃を外壁塗装工事で実現できるのが、関西ペイントの断熱塗料
    アレス ドリームコートです。
 
                                                                 
                                                                    

〜 外壁塗料の各コンセプトの変遷 〜

      現在の日本の家屋や建物は、壁の内側に発砲断熱材を入れる「内断熱」が
      一般的ですが。欧米、特にヨーロッパでは外壁で断熱を行う、「外断熱」が
      昔から常識になっています。
 
      塗料メーカーの捉える問題意識も、以下のように変遷してきています。
      断熱塗料とは、阪神震災以降の最も新しい家屋老朽化阻止の塗料です。
 
      ◎外部防水だけ機能すればよい(昭和40年代〜50年代半ば)
      外部からの雨水を防ぎさえすれば家屋は長持ちし、塗装も役割を果たす、とする考え。
             ↓
      ◎適度な呼吸・通気性能も必要だ(昭和60年代初頭〜)
       外部防水力一辺倒のみの考え方は間違いで、外壁内部に湿気を滞留させる。
       適度な通気能力も必要だ。
             ↓
      ◎通気性だけでは内部結露は防げず、結露は家屋老朽化の最大要因(阪神震災以降)
    内部結露は長い年月放っておくと木材は脆弱化し震災時に家屋は高い確率で倒壊する。
     塗料も通気能力だけではダメで、更にもっと効率の良い外断熱化した塗料が必要だ。
     → 通気・透湿能力に外断熱性能を付与すれば、内部結露は相乗的効率で大幅に緩和 。
 
        関西ペイント フネックス(平成8年)、Zウォール工法(平成9年)、
                   ドリームコート(平成13年)、等開発。
 
    「外部からの水のみをシャットすれば家は長持ちする」、と言った防水一辺倒の考えは、
    稚劣で既に古い考え方であり、家屋老朽化の最大原因は壁内部結露であり、ハウス
    メーカー各社、建材メーカーの多くは、その対策を追及しているのが現状です。
                                                                 
                                                                    

 ドリームコートの欠点!!

   ● 断熱性能

   × 低汚染性能

   ドリームコートの欠点は、汚染対策がほぼ全く無いこと 。防カビ力はアクアビルド並みのものを
 持ちます。ですから濃い目の色を選択されれば汚れ自体が目立ちません
 のでドリームコートのみで最終仕上げとする場合には、濃い目の色をお勧めしています。
 
アクアシリコンACUを更に一層施工すれば万全!!
 低汚染性能や強靭な防カビ力を付与したければ、ドリーム施工後に更にもう一層、アクアシリコン
 ACU塗ることをお勧めしています。アクアシリコンACUも2001年10月からの最新製品で、関西
 ペイントは水性外壁用途塗料の最高峰を謳っています。低汚染性能や防カビ力も完備され、
 ジルコニア・コート・チタン紫外線防護対策まで完備した関西ペイントならではの最高級 水性
 外壁塗料です。ドリームコートで断熱性を付与した上に、さらに一層、このアクアシリコンACUを
 施工すれば、万全な低汚染・防カビ・外断熱の外壁となり、水性の最高級工法となります。
 
 ドリームコートの断熱性能がアクアシリコンACUで守られますので末長い外断熱外壁になります。
 
 更に、施工価格を重視したければ、コスモレタン、コスモシリコンも関西ペイントは最終仕上げと して
 推奨しています。
 
                                                                 
                                                                    

 ドリームコートの将来拡張性!!

   ○ 弱溶剤希釈塗料、水性、

   × 強溶剤希釈2液性、

   ドリームコートは水性の弾力を持つエマルション(乳液タイプ)アクリルですので、将来その上
 には刺激の強い強溶剤タイプの塗料は基本的には塗れません。約8年以上になれば枯れますの
 で強溶剤タイプでも載せられますが、少なくとも弾力の残っているうちは強溶剤タイプの塗料を塗
 るのは界面剥離等のリスクがありますので妥当ではありません。

↓将来の二回目塗り替えでセラミック化する場合には

  次回塗装ではセラシリコン、セラフッ素等の上位セラミックは妥当ではなく、2液性溶剤タイプ
 でも弱溶剤希釈のセラMレタンセラマイルド、もしくはセラMシリコンが妥当になります。
 水性最上位のアクアシリコンACUも勿論妥当です。
 これら弱溶剤希釈のものでも、従来の強溶剤並みの性能のものが続々登場しています。
 
                                     
                                             

            
                                             

マイホーム建築を知り尽くした総合力にお任せください!

®
当社は元来が一戸建新築専門の会社です。
 マイホーム建築約40年の経験実績・大手ハウスメーカー数社の指定工事店経験、
一戸建て建築を知り尽くした建設会社監修の厳選塗装職人による塗り替え工事の
価格と内容を是非お試し下さい。

   御問い合わせ先は、

下記フリーダイヤルを御利用下さい。

 ※ 御見積もり・御相談・御質問は完全無料です。

 ※ 御遠慮なく御質門ください。

当社の営業姿勢・思想はあくまでもドライです。

見積もりを取ったからと言って、必ず工事を頼まなくてはならない

ということはまったくございません。御客様の御自由です。

   ウォールケア技術本部   ペイント工事部門

         〒194-0013 東京都町田市原町田2-16-8-108号

     0120-819098

          フリーダイヤル電話

ハイグレード材料でもオトク価格で工事ヤレマス

携帯・PHSからも可能です。
 
緊急時、もしくはつながらない場合には、

●ペイント工事技術本部長直通HOT携帯電話. 090-4605-6467

 ※.平日・休日問わずAM9:00〜PM20:00迄、土・日曜日も営業致しております。

 ※.直通HOT携帯電話、曜日を問わず夜中でもかまいません。

  過去に厚かましくて不愉快な経験をしたので、

担当営業・リフォームアドバイザーと会うのが最初からイャだ、
アドバイザーと一度も会わずに見積もりを貰いたい、という方は、

その旨をお伝え下さい。

 
Eメールでの御質問も可能ですが。ハッキング やウイルス等のリスクもあります。
できるだけ上記の御客様無料フリーダイヤルにより口頭で直に御連絡下さい。
advp8190@mint.ocn.ne.jp
 

 ※ 御名前・御住所、そしてもし宜しければ御電話番号を御伝え下さい。

 ※ 当サイトを見られ、優先したい御要望等を御遠慮せずにお伝え下さい。

 ※ リフォーム・アドバイザーがお伺い致し、御留守でも道から数分見させて頂ければ

   直ぐにコンピュータで4〜8グレードを御見積もり致し、数日後にポストへお入れしておきます。

 ※ 放し飼いのワンちゃんが庭にいらっしゃる、等の注意事項もお伝え下さい。

 ※ その他、相談をされたい家屋の問題箇所等がございましたら、お気軽に御申し付け下さい。

※.AM9:00〜PM20:00迄、

 
関ペ外壁材グレード一覧関ペ外壁材性能一覧関ペ正式資料類日本ペイント、SK化研製品一覧
索引・塗り替えコラム施工・お値段例バックナンバーリフォーム工事サイトマップお見積り依頼
 
塗料最新情報・動向を始め、
 家の塗り替え工事のことなら何でもわかる、
 是非トップページから御覧下さい 

copy right(C)  all rights reserved Tama Kensetsu corp .