塗装工事シーズン情報

 

           ネット経由-常時御値引き幅あります!!

                ペイントローラーおじさん®

 
 
塗装業界経験45年以上-工事部長アドバイス
石村-アドバンスペイント元工事部長 名誉顧問
ニックネームはイッさん、平成15年前後の施工迄では御目に掛った御客様も多いと思います。
浅草の生まれの江戸っ子、
平成18年に現役引退。長年の豊富な塗装工事業界経験は誰にも負けません。
「明日の天気は塗装屋に聞け」の諺もあります。
 
 
 

      8月 〜9・10月 塗装工事特徴

   残暑もやわらぐ 9月10日以降になりますと気温も下がり塗装作業効率も上がって来ます。
   秋雨前線等で雨はやや多くはなりますが、秋は塗装シーズンでもあります。
 
   秋雨前線や台風がほとんど居なくなる11月は、一般に塗装最盛期シーズンとも言われていますが、
   11月施工を御希望の場合は 8・9月から御予約をされれば優先的に確実に施工を致しています。
 
   高人気の塗装職ほど混み合っています
   契約御発注をされて直ぐ工事がスタートするような塗装職は不人気で手が空きがちの塗装職です。
   住宅街で引く手あまたで連続施工依頼の高人気の塗装職は書面契約をされて一ヶ月待ちもザラです。
   秋は最盛期のシーズンでもありますから御早めの御予約をお勧めしています。
   アドバンスペイントのトップクラス職は年間を通して混み合ってもいます。
 
 
リフォーム業界の公的業界標準
財団法人-住宅リフォーム紛争処理支援センター増改築相談員資格者
在籍しています。

 建物を劣化させる最大要因は雨水吸水日射加熱です。日射加熱→吸水→日射加熱→吸水

 繰り返すうちに外壁にはヒビが入り、木部の破風板等はU字型に反ってきます。

 セメントを圧縮している窯業合板で出来ているサイディング外壁ボードも、これらの影響を受ける

 方角部位は反りやコーキング部分の劣化が起こって来ます。

 雨期の長雨で吸水する前のシーズンに塗装をされるのが的を得たメンテナンスタイミングです。

 
ベランダは南側に在るケースが多いので年間を通して激しい日差しを受けます。

帯板の頭部分は壁を伝った雨水を受けてしまい、帯板は頭から水を吸います。

そこに日射熱が加わりますと、帯板は横断面から見てU字型に反ってしまいます。
 
反ると壁部分と板の間に隙間が出来てしまい、そこから更に雨水が浸水し始めます。
浸水は継続的に進行して木部の腐食が進み、軒天にもシミが出て腐食が及び始めます。
アドバンスペイントではこのような部位には独自の断熱処理を施工しています。
 
 
町田市薬師池-菖蒲

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

工事経験40年以上-塗装親方アドバイス

塗装工事はどのシーズンがベストなのか?

アドバンスは工事受注から2カ月以上はお待たせしません

    「どのシーズンに塗装工事をやっても同じ」、とする説は、暴論です。
    また「6・7月等の高温多湿時には絶対に塗装をするべきではない」、とされるハウスメーカー家屋も在ります。
 
    「年間ベストシーズンの10・11月に施工をしたくて9月に発注したのに工事は翌年の6月だった」のでは
    何にもなりません。一定職人数が居る総合力も業者選択のポイントです。
 
    家屋劣化は、厳密には東西南北の日射条件と密接に関連しています。そして個々家屋で春夏秋冬各シーズンでの
    日射条件は総て異なります。日当たり部分の「日射熱害」と日陰部分の「悪い雨乾き条件」の二つを良く見極め
    て施工シーズンを選ぶのが本来は最も良いやり方です。  塗装時-下地素地含水率が重要だからです。
 
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

冬季

春季

夏季

秋季

冬季

乾燥期

木の芽雨・寒の戻り雨

梅雨期

  台風・秋雨前線期

乾燥期

低温リスク

黄砂リスク

雨季リスク

  雨季リスク

低温リスク

結露吸水リスク

  吸水リスク 日射熱害リスク 吸水リスク  
 

各シーズンで夫々一長一短が在ります。

 

        秋は? ⇒ 塗装工事には最適な秋晴れの運動会の日を連想しますが・・・

                         台風や秋雨前線の影響で9月〜10月前半は工事が遅れがちになります。9月〜10月前半の例年の
                         実態は6・7月梅雨期よりも長い「第二の梅雨期」なのです。台風も来なくなり秋雨前線も居なくなり
                         乾燥期に入る10月後半〜12月師走に掛けては年間で最も御希望者も多くなるシーズンです。
 
        冬は? ⇒ 太平洋側は比較的乾燥していますので塗装には合うシーズンですが、低温リスクはあります。
                        急速に気温が下がる午後三時以降の北側等で 5℃以下になりますと塗膜乾燥に影響が出ます。
                        屋根の塗装では北側に結露が出ますのでベテラン職監督による時間判断が重要になります。
                        但し、近年の最新塗料は単に自然乾燥のみで乾くのではなく急速な化学反応硬化で固まる
                        反応硬化型ですので以前より低温リスクは大幅に低くなっています。1・2月は穴場です。
 
        春は? ⇒ 三月は黄砂も舞い気温と湿度も上がって来ますが、初夏前の好天の日はベストのシーズンです。
                       寒の戻りによる菜種雨も多少は降りますが、四月〜五月に掛けては恵まれたシーズンです。
                       次に控えているのは長雨の梅雨期ですので塗装の必要性が高いシーズンでもあり御希望者が
                       殺到するシーズンでもあります。梅雨期の次には熾烈な日射が来ます。
 
                       また6月は即梅雨期でマイナーなシーズンと捉えがちですが、前半15日か20日頃迄は雲は出ても
                       雨は降らない日々が続き、5月後半よりも雨の日が少ない特徴があります。
                       強くなりつつある日差しを雲が遮りますので暑くもなく、雨も降りませんので職人さんは楽です。
                       さすがに20日を過ぎると本格梅雨期に入ります。
 
        夏は? ⇒ 梅雨が明けると熾烈な太陽が照り付けます。放っておくと梅雨で水を吸った後の素地が熱で傷み
                        ます。6月前半〜6月20日前後迄ならば梅雨入り宣言が出ても雲だけ出て雨は全然降らない日々が
                        続き天気は持ちますので塗装は出来ます。梅雨開け7月〜8月はお盆休み等で傾向的には工事は空
                        きますので混み合う秋よりも穴場です。暑いですが職人さんは施工方法を知っています。
 
                        年によっては秋の9月〜10月〜11月半ば迄が雨で全滅してしまう場合もあります。
                        8月施工が正解のケースも過去にありました。逆に8月全部が雨の年もあります。
 

各シーズンでそれぞれ一長一短が有りますが、あまりこだわっているとメンテナンス・タイミングを逃します。

的を得たメンテナンスにはある程度の決断力も必要です。穴場シーズンを狙うのもお買い得なやり方です。

 

関ペ外壁材グレード一覧関ペ外壁材性能一覧関ペ正式資料類日本ペイント、SK化研製品一覧

索引・塗り替えコラム施工・お値段例バックナンバーリフォーム工事サイトマップお見積り依頼

 

 塗料最新情報・動向を始め、

 家の塗り替え工事のことなら何でもわかる、

是非、トップページから御覧下さい。

                                    
                                    

                                          
                                           

マイホーム建築を知り尽くした総合力に御任せ下さい。

ネット販売・IT化恩恵で上位高級塗料の施工を安く、お得に御買い物!!

材料・職人・御値段・総合力

多摩建設株式会社グル−プ  アドバンス ペイント エンジニアリング協会

 

(財団法人)住宅リフォーム紛争処理支援センター 増改築相談員資格者も在籍しています。

あらゆるりフォーム工事も御気軽にお問い合わせ下さい。

ネット販売だから安い!!塗装工事

「一流メーカー純正高級上位塗料による確実な施工を量販店価格で」が私共の主旨です。

ペイントローラーおじさん®

外壁塗装工事は家屋建築技術全体を見渡せる、

総合力のある伝統工務店系の方がベストです

   完成写真  底を開けたら中まで腐食が進行

  2階出窓の雨漏り-リフォーム専業業者では本質を見抜かず無駄な費用が・・・
 訪問リフォーム業者が外壁塗装をすれば直ると言うので家全体を塗装しましたが
 解決しませんでした。原因はアルミ窓枠の造りの欠陥でした。枠交換で根本解決。

直通フリーダイヤル0120-819098

土曜・日曜も営業   携帯・PHSからも可能です。

本部リフォーム部門 & ウォールケァ ペイント工事部門

〒194-0013 東京都町田市原町田2-16-8-108号

旧関西ペイント認定登録店395号(2005年1月制度自体が廃止)

家屋でお困りのこと&塗り替え工事は 多摩建設潟Oループ アドバンスペイントに御相談下さい。

母体は家屋建築経験40年の伝統工務店 多摩建設梶B塗装は厳選職人さんを揃えています。

また、当グループは関西ペイント製品の施工に長年精通した職人さんが多く揃っています。

 

主要メーカー 最新高付加価値・高人気塗料だけを御提案&施工

厳選高級塗装ディスカウント工事量販店

多摩建設潟Oループ

アドバンスペイント エンジニアリング協会

アドバンスペイントではアドバイザーが塗料メーカー最新動向を絶えずウォッチしています。

高付加価値の最新塗料と、信頼できる良いものだけを率先して御提案&施工しています。

使用塗料について

   ※ 御質問等は、御客様の御負担無し!!  電話代無料 フリーダイヤルを御利用下さい。
   ※ 外壁塗料の御見積もりは御予算・目的別4〜6グレードを御提案致します。
   ※ 雨樋修理 から 増改築・建て替え まで、御気軽に御相談・御電話下さい。
   ※ 当社営業姿勢はドライです。見積りと発注は別問題。会わずにポスト投函のみも可能です。
 

Eメール連絡先      advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

※ アドバンスペイントは、静岡県東部、山梨県東部を含む首都圏一円広く施工しています。

copy right(C)  all rights reserved Tama Kensetsu corp .