屋根屋と電気屋のコンビによる理想的な太陽光発電,ソーラシステム導入

太陽光発電システムは瓦タイプがベスト!!

 
  後付けソーラパネルの落とし穴と、これから出る問題点
     東日本震災による原発事故でエネルギー問題がクローズアップされ、太陽光発電が盛んに脚光を浴びていますが、
     震災以前から問題視されているのが〃ソーラバネルの固定問題〃です。
     屋根にソーラパネルを取り付ける際には、瓦--防水シート--野地板--天井裏までバッンとドリルで固定穴
     突き通して開けます。そこにパネル固定治具を差し込んでソーラパネルを固定しているのです。
 
     当然、固定治具と固定穴の間には隙間が出来て雨水が漏水しますのでコーキング剤で隙間を止めます。
     しかしコーキング剤とは永年の 湿気や日射・温度変化により劣化するのが宿命なのです。
 
    また、既存屋根に固定するに当たっては在来工法家屋ならば野地板の下に走っている構造真柱上に固定を
    しないと重いパネルは不安定になり風に煽られて危険、と指摘する建築士さんも居ました。
 
    ツーバイフォー工法家屋では野地板の下に構造真柱が全く無く構造合板のみの場合もあるのです。
    更に軽量鉄骨家屋では屋根野地部分は石膏やケイカル系ボードのケースもあり、ドリルで穴を開けたりすると
    穴の周辺にヒビ割れが入り強度が落ちることもあり得ます。
 
    また現在では建築を知らない異業種からの新規参入が多く、過当競争故、闇雲に片っぱしからソーラソーラで
    売り込んでしまい、どんな家屋にも通り一遍方法で無節操に取り付けています。
    ソーラの電気エネルギー的メリットだけを耳学問的に理解だけしていても取り付けの現実や建築屋根構造に無知な
    政治屋等もソーラソーラと安易に叫びます。

瓦と防水シートを剥いでみると・・、野地板は腐食していて脆弱、

こんな屋根にソーラ取り付けは不可能です

    たとえ取り付け後の見てくれは綺麗でも投資資金がやっと回収出来そうな10数年後に屋根が腐り、その修繕に
    また100万円が掛った、では後になって間違った技術だった、とわかった原発と コスト面では同じことなのです。
 
     現在、既に過去にソーラパネルを取り付けた家屋では深刻な雨漏り問題が続出し始めています。
     また、以前からソーラ取り付けによる雨漏りリスクを指摘していた専門家は沢山居ます。
     100万軒の家の屋根にソーラが取り付けられれば約25%の25万軒の家で雨漏りが起こる、とも云われています。
 
     弊社では屋根に負担を極力掛けない持続性のある無理の無いソーラシステムを御提案しています。
 

アドバンスなら実質本位且つトータルで御買い得です!!

お買い得情報!!

®

   アドバンスペイントで塗装工事ご縁の御客様には
   内装壁紙クロス、床フローリング、キツチン・バス水廻り、
   増改築、屋根葺き替え、太陽光発電システム等の
   あらゆるリフォーム工事を職人直受け価格・ノンマージン
   でお届けしています。伝統工務店-多摩建設潟Oループ
   ならば御買い得に末永く御付き合い頂けます。

そして、

アドバンスペイントの推奨結論!!

雨漏りリスクが極めて少なく風害リスクもほぼ無し、しかも発電効率が高く将来性もある単結晶、
瓦のように葺くソーラパネル

パナソニック電工の「野地ぴたFタイプ」こそ理想的王道のソーラです!!

長年、様々な屋根劣化を診て来ているアドバンスペイントの結論です。

現在、セキスイやパナホーム等、主に軽量鉄骨系の新築家屋で最初からソーラシステムが付いている

場合はほとんどが、後付けのパネルタイプではなく、この瓦一体埋め込みタイプのソーラシステムです。

 
  本格志向なら「野地ピタF」!! 「節電」の前に「家や屋根」も大切、
   バナソニック電工「野地ピタFタイプ」は瓦のように埋め込み設置するタイプのソーラパネルですので
   後据え付け設置のように瓦から固定冶具のための穴を屋根に開けません
   後据え付け設置ですと瓦-防水シート-野地板ベニア 総てに固定の穴をドリル等で突き通して開けるのです。
   据え付け冶具が施工された穴の廻りにはコーキング剤を詰めて雨漏りを防ぎますが、
   コーキングとて永遠に劣化をしないわけではありません。穴を開けない故、雨漏りリスクが皆無なのが
   野地ピタFなのです。
 
   また野地ピタFならば通常のコロニアル瓦の高さに収まりますから風に煽られる心配もありません。
   しかも発電効率の高い最新傾向の単結晶タイプです。
 
   現在は未だ黎明期である屋根据え置き型ソーラシステムの中には屋根脆弱性を無視して無理やり取り付けている
  ケースも多く在り、それらのケースでは今後、様々な問題が露呈して来る可能性があると述べる専門家も居ます。
 
   何故なら、コロニアル屋根等はただでさえ結露腐食リスクの高い脆弱な屋根だからです。
   結露だけではありません。雨水廻り込み先端腐食棟板金廻り漏水瓦そのものの吸水劣化瓦のズレ等も
   頻繁に起こるからです。また据え置き冶具の固定も屋根野地ベニアに単純に打つのではなく、真柱(構造材)の走って
   いる部分の上に釘や金具を通さない限り長期の安定は有り得ない、と説く屋根専門大工や建築士も居るのです。
 
   弊社 多摩建設潟Oループの大工はリフォーム工事しか知らないニワカ挙がり大工ではございません。
   どの棟梁も新築経験40年前後で大手ハウスメーカー指定店を経験している者ばかりです。

ベニアの部分が野地板です。奥の黒い部分が防水シートです。

「野地ぴたFタイプ」はこの防水シートの上に瓦のように葺きます。

 
  ソーラシステムは5・6年レンジで使う物ではありません。20年レンジで使う製品です。
   そして既存屋根の上に後付けするのではなく瓦のように葺き埋め込んで設置する「野地ぴたFタイプ」ですと、
   既存瓦に固定穴を開ける必要が無いので雨漏りリスクが大きく低減する理想的ソーラパネル設置になります。
  瓦のようにピタッと収まりますのでパネルが風で煽られる風害リスクも起こりません。瓦と同じなのですから。
 
   正論を言えば、屋根葺き替え時に「野地ぴたF」を施工するのがソーラ導入の王道
  屋根葺き替え、特にコロニアル瓦屋根の限界は一般に築20年前後、と云われていますが、その時点での
  葺き替え施工時に、この既存の瓦と同様の埋め込み型の「野地ぴたFタイプ」を是非、施工して下さい。
  弊社グループ内-大工はどの棟梁もこの「野地ピタFこそ最も雨漏りリスク回避に相応しいソーラ」と述べます。
  また屋根営繕工事業からパナソニック電工ソーラ工事店になった屋根専門大工も在籍しています。
 
      太陽光発電システム導入で重要なのは「屋根の健全性維持が6割」、「日射角度等の電気的要素が4割」
      と言えます。電気屋と共に屋根屋も必要不可欠と言って過言ではありません。
 
 
   ◎単結晶と多結晶-パネル最新動向
  ※.単結晶:比較的、純度の高いシリコン板から抽出精製されたパネルです。発電効率は高く値段も高い。
  ※.多結晶:純度の低いシリコン板から製造されています。発電効率は低く値段も安価傾向。
 
          未だ現在では多結晶が主流ですが、傾向としましては出力が高く効率も高い単結晶が伸びつつあります。
          従来からの多結晶板は安価傾向になりつつあります。
          同じ3Kwhを出力させるのでも従来からの多結晶ですとパネルが17枚必要だったのに対し、
          単結晶ですと13枚で収まるケースもあります。つまり屋根に対する負荷もそれだけ軽減できるのです。
 
          また近い将来に予想される電力会社送電網に売り込む現在の売電よりも自家の蓄電装置に蓄える
          蓄電が本格普及して電力自家完結が実現した際にも、御予算が多少張っても出力効率の高い多結晶を
          選ばれておかれた方が将来性合致もします。
 
   ◎メーカー品動向
      日本の消費者の方は電気製品に関しては好きなメーカーや贔屓にしているメーカーがありますし、
      各メーカーがそれぞれ各性能面で強い部分弱い部分を持ち、メーカー個々で様々な特徴的製品を出しています。
      御客様の御要望や設置条件等により、まず最適合致するメーカーの製品を御提案致します。
 
      国内ではシャープ、京セラ、サンヨー(パナソニックに吸収) の先行三社を始め、元来、重電やパワーエレクトロニクス
      に強い東芝、三菱電機の二社も今年に入り新たにソーラ市場に本格参入をして来ています。
      またバナソニック=旧サンヨーの単結晶パネルの高性能化が目立ちます。
 
      三菱はソーラ技術の核であるパワコン技術に優れ宇宙空間での実績も謳っています。
      また、ここに来て外国製品の国内進出も目立ち始めてはいます。
      概して、バネル性能に強いメーカーと交直変換技術-パワコン廻りに強いメーカーとに大別されるようです。
 
      最新傾向的には曇りや雨の日でも高出力を謳った製品や、近隣迷惑を防止するための反射防止技術
      取り入れたパネルも出て来ました。また先行三社が家庭用途に多い傾向に対し、後参入の三菱や東芝、
      日立等はメガソーラと呼ばれるヨーロッパ等で行われている大規模発電施設を続々と国内で立ち上げており、
      電力変換技術システムトータルでは別の次元から進化しつつあり家庭用途にも影響を及ぼし始めています。
 
  ※.パワーエレクトロニクス:別名、電力変換工学とも呼ばれています。エアコン室外機に使われている省エネ交直
      変換装置のインバーターが一番身近な存在です。また最近の電車に乗ると加速と共にモーター音が変わる技術
      も電圧・周波数変換VVVFと呼ばれる省エネのパワエレ技術です。ソーラのパワコンはパワエレ技術の塊です。
 
   ◎売電はどの位のメリット?
 
                    導入前 : 1か月電気代-18,000円、1か月ガス代-5,000円  トータル23,000円の光熱費
 

ガスを辞めて太陽光発電を導入-電力会社に売電すると共に、

温水器、IHクッキングを導入してオール電化まで行うと、

 
                    導入後  :  売電を除いた光熱費-10,000円
                                    売電で儲かる額-6,500円
                    1か月実質光熱費-3,500円
 
    上記はシャープ製4Kw太陽光システムを導入してオール電化を行った場合の一例です。
 
    パナソニック電工最新資料によりますと5人家族で導入前光熱費-30,000円が、オール電化導入後には
    何と、1か月実質光熱費-1,000円の例が載っています。
 
   ※.2010年8月現在の電力会社への売電価格は48円/Kwh です。昨年末から大幅アップです。
 
   ◎導入時の国や自治体の補助金は?

現在、導入総額の約3割が公的補助金で賄えます。

      補助金は総てKwh出力単位当たりで算出されて出されます。
 
      ●国からの補助金は70,000円/Kwh が出ます。(平成22年12月迄です)
      ●また東京都では100,000円/Kwh、神奈川県等の地方自治体レベルで35,000円/Kwhが一般的です。
      ●横浜市、川崎市、町田市等の区市町村レベルからも30,000円〜35,000円/Kwhが出されます。
   (区市町村レベルでは三万円〜三万五千円前後で、且つ上限十五万円前後が比較的多いです。)

自治体により異なります。

 

以下を御参照下さい

国、自治体 http://solar.78364.jp/

市町村 http://www.kankyo-business.jp/subsidy/solar_topix_tokyo23.html

 
      例えば左下のシャープ製 3.2Kwhを施工の場合、
               国からは 70,000×3.2=224,000円 が、
               東京都からは 100,000×3.2=320,000円 が、
               市からは 35,000×3.2=112,000円 が     補助金として出されますから、

合計.656,000円 が補助金で賄えますので、

2,400,000円-656,000円 ですから 1,744,000円 でソーラシステム導入が可能となります。

 

※.プロスタッフが御説明と実シミュレーションに御伺いできます。

 
   少し以前の過去施工例です。  後付けパネルタイプですが、弊社提携店の施工です。

シャープ製 : 総出力≒3.2Kwh

シャープ製  : 総出力≒3.2Kwh

東京都稲城市  240万円税込で施工

横浜市青葉区  198万円税込で施工

 

パナソニック電工(サンヨー)製 : 総出力≒3.6Kwh

パナソニック電工(サンヨー)製 : 総出力≒約4.5Kwh

川崎市宮前区  285万円税込で施工

東京都三鷹市  340万円税込で施工

   ※.メーカーや日射立地条件、天候・日射時間帯にも拠りますが、一般に実態出力はメーカースペック総出力の

       60%〜70%と言われています。ですから単結晶のように可能な限り出力の大き目のパネルを御勧めします。
       御値段はやや張ってしまっても将来拡張性等を考慮され多結晶より単結晶を選ばれる方が増えて来ています。
 
  首都圏随一の優良電気工事店と提携
   アドバンスペイント&多摩建設潟Oループ内には現在、ソーラシステムを施工出来る電気工事店は3業者が居ます。
   うち1社はシャープとパナソニック電工の施工特約店です。
   そして首都圏随一の優良電気工事会社-とも提携をしています。
   下記フリーダイヤルに御連絡を下さい。
   自信を以て御付け出来るソーラ専門プロスタッフが最適合致するソーラシステムを御紹介&御提案致します。
   また弊社のリフォームアドバイザーの中にも電気工学系出身者が数人居ます。
   皆ソーラシステムぶっちゃけ話はお得意です導入前-御提案話も是非お任せ下さい。

http://honbucho.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/03/post_d8c4.html

 
 ※.工事の性格上、どんな家屋にも施工可能なものではありません。また当社は原則として訪販は致しません。
 ※.都内23区は勿論、八王子市、町田市を含む多摩地区、神奈川県全域、埼玉県南部、千葉県西部迄
      御見積り&施工致します。
 
  塗装で御縁の御客様には特別優待価格で施工
     過去にアドバンスペイントで建物外壁や屋根の塗装工事を行って下さったお客様、
     もしくは多摩建設潟Oループで壁紙、フローリング、水廻り等の何某かのリフォーム工事を行って下さった
     御客様にはソーラシステム据え付け工事を特別優待価格にて施工致しています。
 
     下記フリーダイヤルに是非、御連絡下さい。
 

現在の状況と問題点

 
     現在は未だ普及の黎明期とも云われています。逆に家電量販店を始めホームセンターや町のスーパー、
     更には投資会社や自動車関連会社からも参入があり、比較的、親和的な屋根工事業や電気工事業と言った
     業種ばかりが取り付けているわけではありません。
 
     あらゆる業種から見境いの無いゴリ押し販売により取り付けされている傾向もあるため少しずつですが問題点も
     露呈し始めているようです。
 
     その問題点とは、、
 
            @.雨漏りリスク-瓦に穴を開ける
                   比較的、取り付け治具固定に合致し易いと言われているコロニアル瓦屋根でも、瓦に釘を打ち付けます
                   ので雨漏りリスクはどうしても出ます。釘は瓦裏側防水シートとその下の野地板も突き抜けて天井裏迄
                   出ることもあります。釘の根元には高耐用力のコーキングを施工しますが長年の日射熱や雨水浸食で
                   綻びも出ますので完壁性のものではなく、現在、最も多発している問題のようです。
 
            A.脆弱な経年劣化の著しい屋根には載せられない、
                   「屋根」という場所は家屋の中では「風呂場」と共に最も劣化し易くリスクの高い難しい場所です。
                   当サイト ■棟換気系-有る無しでは大違い でも述べていますがコロニアル屋根はタダでさえ
                   野地板が結露で腐食し易いリスクを持っています。また屋根の野地板は瓦を剥がしてみると先端や
                   雨樋内側の拾駒巾木が水を吸って腐食していたりするケースも多く、電気屋のみではなく屋根瓦職や
                   大工による調査後に取り付けるのがベストです。
                   アドバンスでは御提案段階で専門屋根職人が屋根躯体を調査点検を致します。

    写真は築24年のコロニアル瓦屋根です。瓦は既に吸水して脆弱化しています。
    野地板にも水が廻って腐食していたのみならず、軒天や破風板も総て造り替える必要性がある屋根でした。
    このような屋根にいきなりソーラパネルは載せられません。
 

    外観は正常に見える屋根でも瓦を剥がしてみると先端が雨水を吸って腐食しているケースも立地や築年数
    によっては有り得ます。築15年以上の場合は屋根状態や強度の事前調査が重要です。
 
            B.近隣がソーラの反射光が眩しい、と文句を言ってきた、
                   この種の問題もクローズアップされ始めています。中には既に裁判になった例も在るようです。
                   家が密集した街中ではソーラパネルの反射光は意外に眩しく近隣クレームのケースもあるようです。
                   国や自治体は省エネや景気対策ではエコに力を入れますが、このような社会性問題対策の法整備は
                   未だ完全には成されていないようですので今後、時間を待つしかないとのことです。
 
            C.設置したのに電力利益が回収できない
                   日射角度の高い夏場に業者の言葉に載り思い切って設置したが、斜面立地のため冬場では
                   午後1時半以降になると南側屋根でも日射が当たらず発電効率が極端に悪くなり年間平均では
                   電力回収-利益捻出の目途が立たない。
                   技術基本事前調査が不十分で業者の商意識のみに載せられたケースです。
 
                   アドバンスペイントのペイントアドバイザーに御相談下さい。
                   家屋劣化は立地/日射条件-(熱劣化・雨水吸水劣化)が第一に関連します。
                   アドバンスでは塗装職人・アドバイザー共々、ペイント工事御見積り段階-施工段階-アフター段階を
                   問わず、皆がまず東西南北-日射条件を念頭に置く日射診断士の側面も持ちます。
 
                   また技術本部長のツテの関係上、アドバイザーにも電気工学出身者-元半導体屋が数人居ます。
                   お得意ですので是非、御任せ下さい
 

導入に当たって最も重要なこと

 
     そして、太陽電池モジュールを既存の屋根に設置すると言うことは、必ず日が当たらなくなって雨乾きが悪く
     なり吸水リスクを受ける瓦部分が出て来ることを意味します。
 
        ◎ 電気工事業者の提案と共に屋根屋(屋根職人や大工)の事前調査が重要

太陽電池モジュール自体はそれほど複雑高度ではない、

パネルを設置する屋根の強度と安定性が最も重要なのです。

 

様々な屋根劣化症例を診て来ている屋根躯体のプロ-アドバンスペイントに御任せ下さい。

アドバンスペイントなら!!

                             ◎グループ内 ソーラ専門-優良電気工事店と提携
                             ◎ソーラパネル搭載のための屋根工事専門の大工も在籍-伝統工務店メリット

屋根屋と電気屋による理想的なコンビネーションによりソーラシステムを御提供できます!!

 

意外に御買い得

是非、弊社でも御見積りを採って見て下さい!!

 

売電で15年後から利益を出そうと思いソーラを導入したが、

15年経ってみたら瓦や屋根が腐食して雨漏りが起こったので

また修理に100万円が掛った!!

 

これでは何にもならないのです!!

 
屋根工事屋の居るソーラ業者がベスト!!
 

      太陽電池システムの基本的メリットや細かいことは既に言い尽されているのでここでは申し上げません。

      ただ黎明期と云われている現在に於いて、電気工事屋系や屋根工事屋系と言った比較的、本来業として

      近い業者同士間でも、例えば上で述べた屋根瓦吸水劣化等についてはリスク見解に温度差があります。

      と申しますのは、屋根劣化に精通した専門家に言わせれば、現在の様々な異業種から参入されている

      ソーラ業界は、「近い将来を考えるとゾッとする、」のだそうです。

 
塗料最新情報・動向を始め、

 家の塗り替え工事のことなら何でもわかる、

是非、トップページから御覧下さい。

                                    
                                    

                                          
                                           

マイホーム建築を知り尽くした総合力に御任せ下さい。

ネット販売・IT化恩恵で上位高級塗料の施工を安く、お得に御買い物!!

材料・職人・御値段・総合力

多摩建設株式会社グル−プ  アドバンス ペイント エンジニアリング協会

 

(財団法人)住宅リフォーム紛争処理支援センター 増改築相談員資格者も在籍しています。

あらゆるりフォーム工事も御気軽にお問い合わせ下さい。

ペイントローラーおじさん®

 

リフオームは総合力のある伝統工務店系の方がベストです

   完成写真  底を開けたら中まで腐食が進行

  2階出窓の雨漏り-リフォーム専業業者では本質を見抜かず無駄な費用が・・・
 訪問リフォーム業者が外壁塗装をすれば直ると言うので家全体を塗装しましたが
 解決しませんでした。原因はアルミ窓枠の造りの欠陥でした。枠交換で根本解決。

直通フリーダイヤル0120-819098

土曜・日曜も営業   携帯・PHSからも可能です。

本部リフォーム部門

〒194-0013 東京都町田市原町田2-16-8-108号

 

家屋でお困りのこと&塗り替え工事は 多摩建設潟Oループ アドバンスペイントに御相談下さい。

 

主要メーカー 最新高付加価値・高人気塗料だけを御提案&施工

厳選高級塗装ディスカウント工事量販店

多摩建設潟Oループ

アドバンスペイント エンジニアリング協会

   ※ 御質問等は、御客様の御負担無し!!  電話代無料 フリーダイヤルを御利用下さい。
   ※ 雨樋修理 から 増改築・建て替え まで、御気軽に御相談・御電話下さい。
   ※ 当社営業姿勢はドライです。見積りと発注は別問題。会わずにポスト投函のみも可能です。
 

関ペ外壁材グレード一覧関ペ外壁材性能一覧関ペ正式資料類日本ペイント、SK化研製品一覧

索引・塗り替えコラム施工・お値段例バックナンバーリフォーム工事サイトマップお見積り依頼

 

Eメール連絡先      advp8190@mint.ocn.ne.jp

 
 

是非トップページから御覧下さい

 

※ アドバンスペイントは、静岡県東部、山梨県東部を含む首都圏一円広く施工しています。

copy right(C)  all rights reserved Tama Kensetsu corp .