最高水準断熱外壁塗装 関西ペイント Zウォール工法

知る人ぞ知る関西ペイントのスーパー断熱Zウォール

普通の外壁塗装では何度やっても同じ!!

真に御予算を掛けるに値する高付加価値外壁塗装

最強外部防水力と共に最強断熱力も持つ外壁塗装

 
      Zウォール工法は平成9年の春に関西ペイントが当時の認定登録工事店の中でも意識の高い業者のみを
      大田区工場の講習会に招待して伝授したスーパー断熱塗料です。
      アドバンスペイントは正式認定工事店として南関東最多の施工実績を持ちます。
 

超厚膜8ミリ厚み・高断熱・高弾力・高透湿・超軽量塗料-Zウォール工法

基本は吹き付け施工です

コテ仕上げでジョリパッド-プロバンス模様も作成できます

 

素材意匠美観と高い断熱性能を両立!!

   

※.スプレー粒子のようなエアレス吹き付けではありませんので近隣飛散リスクはほぼ御心配ありません。

Zウォールは35坪家屋で約50缶を使いますが超軽量塗料ですので過負荷の心配ありません

Zウォールが施工された上には関西ペイントの水性外壁材ならぱ何でも仕上げ材として塗れます

ツヤ消しのドリームコートを最終仕上げにすれば意匠素材感も抜群に仕上がります

 

100万円クラス塗装工事でも確実な高付加価値の御買い物−御希望の方に最適

確実に体感出来る断熱 Zウォール工法

Zウォールならば、どこかの遮熱塗料のように期待を裏切りません

こういう思いをされていませんか?

       ◎ 南西に開けた立地なので激しい日射に晒されて夏場の午後が暑苦しい、何とかしたい。
       ◎ 東側が午前の日射で暑い、午前10時過ぎ頃から構造材が熱で動いてミシミシ音をたてる。
       ◎ 何度補修をしても再発するクラックに困っている。
       ◎ 日射し軒天が無いボックス型家屋、しかも都市部立地なのでヒートアイランド現象で暑い、
 
       ◎ 冬場は近隣遮蔽で日陰部分が多くて寒く、何とかしたい。
       ◎ 三階建家屋だが1階と3階との温度差を縮めたい。
       ◎ 犬の鳴き声や騒音を緩和したい。
 

かなりの劇的な対策となる外壁塗装があります。

関西ペイントのハイエンド断熱塗装-外断熱防音豪華厚膜工法  Zウォール工法 です。

 

関西ペイント正式資料

■  http://www.pojisan.com/ZWbr1/ZWbr1.htm

             Zウォール工法は平成9年の出た当時に関西ペイントが認定登録店の中でも意識の高い業者のみに

             講習会を受講させたスペシャル断熱塗料です。私共アドバンスペイントは正式認定工事店です。
 
     御客様の声
      ◎ 「午後から夕方の西日の暑さを感じなくなった。西日部屋でも寝汗をかかずに昼寝が出来る」
      ◎ 「真夏炎天下、2部屋ある二階部屋のうち冷房を入れるのは1部屋だけでよくなった」
      ◎ 「午前11時前の日の光が強くなる頃の南東部屋の構造材ミシミシ音がしなくなった」
 
      ◎ 「冬場12月の午後6時以降の室内の冷え方が緩くなった」
      ◎ 「冬場はファンヒーターを10分程度入れるだけで暖気が逃げなくなった」
      ◎ 「真冬の朝、凍っていた北側サッシ窓が凍らなくなった」
 
      ◎ 「3回目の塗り替えでZウォールを施工したが、今までやった外壁塗装の意味がわからなくなった」
      ◎ 「サイディングに張り替えるよりも僅少予算でアパートの外壁が延命化できた」
      ◎ 「困っていた外壁ヒビ割れが根治できて二度と出なく成って嬉しい」
      ◎ 「数年前に外壁に塗った遮熱塗料よりも遥かに劇的な断熱
      ◎ 「となりの犬の鳴き声が気にならなく成った
 
    王道の外壁塗装-良いことずくめの断熱外壁塗装
         断熱塗料を外壁に施工すると冷暖房費省エネ効果は勿論、夏場の暑さ、冬場の寒さも
         緩和され家屋内部劣化最大要因の壁内自然発生結露も抑止され害虫やカビ発生リスクも
    低減します。単なる外部防水塗装とは異なる計り知れないメリツトが家屋に付与されます。
 
         はっきし言って壁内温度問題を念頭に置いている断熱塗料に勝る外壁塗装はありません。
         家屋劣化の実態は外部雨水浸食よりも壁内自然発生結露による弊害の方が大きいからです。
         これは建築を良く知る業者ほど〃断熱塗装〃〃外断熱工法〃を重視する傾向があります。
         外部防水念頭オンリーの塗装専業業者ではなかなかこれら温度の問題は理解しない傾向があります。
                                               

外断熱工法 ○

 

従来 内断熱工法 ×

         

( Zウォール工法)

 

大多数の日本家屋

         

外部低温内部高温がぶつからない

外部低温内部高温がぶつかってしまう

       

 

 

 

 

 

 

 

         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               
                             
                             
                             
                             
                             
                         
                             
                         
                             
                         
                             
                         
                             
                         
                             
                         
                             
                         
                             
                             
                             
                               
  最も外側で Zウォールが外気温度を            外気温度、特に冬場の低温は透過してしまい      
  シャット!! 内部高温と外部低温が            内部高温とぶつかってしまい自然発生結露で      
  ぶつかり難くなり自然発生結露を抑止            内部構造木材やモルタル内壁が脆弱化する      
         

結露で腐食したツーバイフォー構造合板

結露で脆弱化した構造梁材

   多くの塗装屋は外部からの雨水防水重要性を説きますが、それは必ずしも正解ではないのです。
   家屋老朽化/脆弱化の最大原因は壁内の自然発生結露、即ち温度差問題なのです。
   冬場の外気低温と内部高温をぶつからないようにする外断熱工法のZウォール工法は王道の外壁塗装です。
   

関西ペイント資料から抜粋

 
    ワンポイントアドバイス

              日本の家屋は50年が限界だが、耐用年数が200年間の家とは?

    北欧やカナダ等で昔から当たり前に建てられている住宅とは結露がほとんど出ないため200年間健全維持可能
    とも云われています。魔法瓶のような〃気密性〃〃壁内通気層〃〃外断熱〃の三つが完璧に揃っていれば
    寒冷地の家屋でも壁内結露はほぼ発生せず構造材脆弱化や腐食は回避され家屋は200年でも持つのです。
    日本で一般的な壁の中に断熱材を入れる〃内断熱〃は〃欠陥工法〃と取り沙汰されているのは有名な話です。
    外壁の一番外側で断熱を行えば外気の温度影響が内部に伝わらない故、結露抑止は劇的になるのです。
    諸外国では遠い昔から家屋は〃外断熱工法〃です。Zウォール工法は塗装工事で外断熱を実現するものです。
 
    Zウォールなら断熱性能がほぼ半永久持続
    遮熱塗料とはここが異なる

       大方の遮熱塗料 ⇒ 夏場高温のみ反射、冬場低温は遮断しない

       Zウォール ⇒ 夏場の高温も冬場の低温も劇的に遮断

 
         また遮熱塗料と呼ばれている物はせいぜい厚さ0. 3〜0.8ミリ前後程度の
         一般的合成樹脂ペンキと変わらない塗膜厚みしか持ちません。
         この程度の厚みでは当然ながら年月に比例した塗膜劣化と共に熱反射力である
       遮熱性能も落ちて来ます。
 
         Zウォール工法のコア部分のZウォールはそれだけで8ミリ厚みを持っています。
         更にその上に関西ペイントの耐候力に優れる各グレードの水性外壁材を2回塗って
         最終仕上げとします。チョーキング(粉体化)はこの最終仕上げ部分が受け持ちますので
         断熱性能コア部分のZウォールは守られて半永久に劣化しませんので
       断熱力も半永久的に持続をします。
 
         本当に断熱外壁にされたければZウォールがベストの御選択です。
 
         結果的にはZウォールを施工された方が後々迄お買い得にもなります。
 

御希望なら本サンプル見本も御持ち致します。

↓ クリック拡大します ↓

平成 9年に出た最初の見本

平成16年に出た改良版 - 現在

Zウォール断熱部分は当初は1センチ厚みでした

5〜8ミリ厚みに改良されました

    この厚みでも当初1センチ厚みと同等性能になりました。
   

          8ミリ厚みに改良された平成16年以降でも、私共アドバンスペイントでは日射/低温条件如何では

          8ミリ〜1センチ厚みで施工を致しています。
 

左側写真に於いて一番下の部分が下地:施工前の外壁、

その上の白い部分が断熱力を持つ Zウォール(厚さ約1センチ) です。

一番上は最終仕上げのアクアビルド(¥12,000/缶) を塗った状態です。

最終仕上げ材は関ペ水性外壁材ならば基本的には何でも塗れます。

アクアビルド、ドリームコート、アクアシリコンACU、ダイナミックトップ等が推奨されています。

最終仕上げ材部分のみ約15年毎に再塗装して頂ければ、

コア部分Zウォールの断熱性能は半永久に持続します。

 
    ズバ抜けた断熱力
         同じ関西ペイントの汎用断熱塗料ドリームコートで厚さ約1.3ミリです。
         ちなみにドリームコートの平均省エネ効率は8%向上を関西ペイントは謳っています。
         そして Zウォールは厚さ約8ミリ同省エネ効率46%向上を謳っています。
         年間冷暖房費がほぼ半分になる、と言うことです。
         8ミリあれば熱伝導率遮断気密性に近い超厚膜ですので断熱力が違います。
                  ※.断熱効率は家屋の造りにも拠ります。
 
    ワンポイントアドバイス
            外壁を遮熱にしても〃気密性〃迄が備わらないと〃蓄熱〃は回避出来ない
    〃遮熱〃とはたった0.8ミリ厚み程度の塗膜で表面のみを熱反射して表面温度を下げるだけなのです。そして、、、
    表面温度は下がってもモルタル等の外壁内部への〃蓄熱〃は〃遮熱〃程度では避けられません。
    物体続きですと〃温度〃は通ってしまうからです。 遮熱ではせいぜい〃表面日射熱劣化に強い〃、程度止まり
    なのです。遮熱で省エネ・シームレス効果迄謳った物もありますが関西ペイントのように具体的効率数値を述べては
    いないものが圧倒的で単に文章での抽象的述べ方で「結露抑止/省エネ効果が期待できる」程度に述べられている
    だけなのです。厳密に言えば家屋外壁に魔法瓶や航空機のような与圧気密構造まで持たせないと外気温度の
    家屋内侵入は防げないのです。そして、気密性まで付与できないのなら Zウォール工法の持つ8ミリ厚み程度の
    断熱力ならば省エネ効率46%向上が実現出来るのです。
 

外壁断熱塗装にZウォールが御勧めのこれだけの理由

         ◎断熱力が劇的です。
                 遮熱塗料⇒緩和熱対策、 Zウォール⇒劇的抜本熱対策
         ◎シームレス効果が期待できる断熱外壁材、冷気も遮断します
                 東西南北の壁内温度差が小さくなることによる結露発生抑止等の様々なメリットを
                 シームレス効果と呼びます。Zウォールを外壁全体に施工すると外断熱効果により
                 高い効率でのシームレス効果までが期待出来ます。
                 緩和策程度の能書きではない凄まじい断熱力故の効果です。
         ◎高い御満足度
                 施工理由ほぼ抜本解決となり、過去いずれの御客様からも感謝されています。
         ◎安心&確実な関西ペイント製品
                 国内一流トップクラスメーカーの断熱材塗料ですので日本の気候風土に合致した
                 設計が成されていますから安心です。温度対策塗料としてはほぼ業界最高峰です。
                性能バランスに疑問の外国製品やパッと出宣伝塗料とは異なる高い確実性と信頼性
 

外断熱防音豪華厚膜工法-Zウォール工法 施工例

アドバンスペイントならば南関東最多の豊富な施工実績

ローラーおじさん工事ブログ-断熱外壁塗装 項目も併せて御覧下さい

 
 
      ◎画期的な断熱外壁にしたい
      ◎遮熱塗料と呼ばれるものを外壁に塗ったが失望した、
      ◎うかつな外国製塗料は不安だ、
 

Zウォール工法−関ペ正式認定工事店−アドバンスペイントで

Zウォール工法の工事がお買い得な理由

 

経費の掛かる営業所を構えない職人直請けのアドバンスペイントなら

100万円前後の外壁塗装なら

関ペ最高峰-スーパー断熱Zウォール工法が施工できる!!

 

リフォーム営業会社系

アドバンスペイントなら、

35坪家屋

35坪家屋

普通の水性シリコン塗装で120万円

関西ペイント最高峰クラス外壁塗装

 

厚さ8ミリスーパー断熱半永久持続−Zウォール工法

職人系業者

90〜100万円

35坪家屋

で施工可能

普通の水性シリコン塗装で90万円

 
 
 

御客様−工事後のお声

八王子市の御客様 施工時期−12月

相見積もりを採られていて当社の御見積り御提案で
Zウォール工法を御知りになられて御決定をされました。
 
◎暖房が効きやすくなった
◎真冬の朝の北側窓の凍結が無くなった

のお声を頂きました。

 
 

  夏場高温シャットに、とかく断熱塗料は目が行きがちですが。Zウォールは冬場低温もシャットします。
  ( 遮熱塗料は高温のみしかシャットしない )
  主に冬場低温時に発生する壁内結露も抑止しますので冷え込む地域にも最適です。
 

都内 江戸川区の御客様 施工時期−6月

ネット上で弊社Zウォール工法を御知りになり御見積依頼
からされた御客様です。御母様が出て来られました。
 
◎家全体が工事前より涼しくなり息子は喜んでいる
◎Zウォールで良かった

のお声を頂きました。

 
 

  屋根もアレスクール遮熱最高熱反射レベル−白にされました 。都市部ヒートアイランド傾向地には最適の選択肢です。
  50坪クラスの大きめの家屋ですので、家屋が大きいほど断熱塗料は相乗効果で効きやすくなります。
   

横浜市戸塚区の御客様 施工時期−7月

こちらの御客様もネット上弊社ページを見られて御見積依頼
から頂いた大手ゼネコン勤務の建築系の御客様です。
 
◎2階の冷房が一部屋だけで涼しくなり二部屋かける
   必要が無くなった
◎冬場の暖房が逃げにくくなるのも楽しみだ

のお声を頂きました。

 

   関西ペイントZウォール講習会受講−吹き付け経験40年以上の1級塗装技能士による施工です。
   戸塚には1級塗装技能士3班合同足場置き場もあり、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市等、神奈川南部をカバーしています
 
 
 

御値段は総て税込額です。木鉄ペンキ廻り塗装、足場・水洗い・補修等諸経費も込みの御値段です。

 

世田谷区用賀

東京都国立市

       

関西ペイント販売子会社−関ペ共販様よりモデルケース

屋根も当社スーパー断熱屋根−複層コンパネ断熱

として受けた施工です。最終仕上げはドリームコート

通気層工法で葺き替えられました。

三階建てハウスメーカーAK社家屋120万円で施工

最終仕上げはドリームコート 95万円で施工

   

神奈川県相模原市

激しい南東日射-熱害に御悩みの御客様でした。ひつこいクラックも根治。

当初から Zウォール工法を御指定でした。終仕上げはドリームコート116万円で施工

 

町田市 三輪緑山住宅

東京都杉並区

 

御客様ご主人様は大手ゼネコン御勤務でした。

アドバンスペイント母体工務店がかって建てていた

「アドバンスさんがあのZウォールの正式工事店だった

ハウスメーカー家屋です。

とは」、と驚かれていました。

平成14年にも関ベ-フネックスを施工

最終仕上げはアクアシリコンACU96万円で施工

最終仕上げはドリームコート106万円で施工

 

東京都八王子市

     八王子市中心街に位置する築年数50年近い老朽化されたコンクリートボックス造りのビル家屋です。
     各所に温度系結露の爆裂クラツクが出て建て替えも御考えの状態でした。
 
     塗膜厚さ8ミリ・高断熱・高弾力・高透湿呼吸膜のZウォールはこれを完全に隠体しました。
     外気温度影響も駆体が受けなくなり二度とクラックは再発しなくなり20〜30年の延命化に成功。
     最終仕上げのドリームコートでツヤ消し素材意匠感も抜群!!
     コンクリート1枚のみだった屋上屋根も当社の2.5センチ断熱入りシート防水工法で、家屋全体が劇的に涼しく
     なりました。総額 155万円で施工  
   

神奈川県座間市

東京都日野市

西側外壁のみに施工 コテ仕上げ

北側外壁のみに施工 吹き付け仕上げ
最終仕上げはアクアシリコンACU 最終仕上げはアクアビルド
Zウォール部分 38万円で施工 Zウォール部分 32万円で施工
 

神奈川県藤沢市

施工前下見板板金

外壁全体に施工  老朽化した下見板板金に吹き付け施工です。

下見板板金は夏場の日射を受けますと高温化しますが Zウォールを施工すれば高温化を劇的に阻止出来ます。

最終仕上げはアクアシリコンACU
足場等諸経費総て込み 約40坪  145万円で施工
 
 

〃高い断熱性能〃と〃美しい素材感〃が両立

Zウォール工法 ドリームコート仕上げ (ダブル断熱工法)

神奈川県川崎市

都市部特有の暑いヒートアイランド現象で悩まれる家屋の外壁全体に施工
三階建ですが Zウォールの持つ防音性能にも期待されました。
ツートンカラー配色で目地入れもされました。吹き付け仕上げ
最終仕上げは ドリームコート(ダブル断熱工法)   御勧め!
省エネ効率46%アップのZウォールの上に、更に省エネ効率8%アップの
汎用断熱塗料ドリームコートを塗って仕上げます。凄まじい高性能断熱外壁になります!!
ドリームコートは美観的にもシックで美しいマット調ツヤ消しに仕上がります。
足場等諸経費総て込み 約30坪  118万円で施工
 

〃高い断熱性能〃と〃美しい素材感〃が両立

Zウォール工法 ドリームコート仕上げ (ダブル断熱工法)

埼玉県桶川市

こちらも同じくドリームコート仕上げのダブル断熱工法です。Zウォールはコテ仕上げです。
コテで仕上げてドリームコートをローラーで塗ると素材感溢れる美しいツヤ消し仕上げに仕上がります。
激しい日射の来る南西面-2面のみに Zウォールを施工
足場等諸経費総て込み 約30坪家屋  85万円で施工
 

〃高い断熱性能〃と〃美しい素材感〃が両立

Zウォール工法 ドリームコート仕上げ (ダブル断熱工法)

埼玉県八潮市

施工中写真です

 

以下はZウォール施工中の写真です

    ホルダーGU下塗りをローラー塗布後、関西ペイントの断熱Zウォールを吹き付けで施工します。
    厚みは約8mm。塗装工事で施工できる最高水準の外断熱材です。
    白い小さなツブが見えますが直径約1mm程度のこのツブの中に更にミクロン単位の微粒子が入っていて
    これらが熱と音迄をも分散します。
 

そして、このZウォールの上に最終仕上げとして更に断熱塗料ドリームコートを2回塗ります。

以下が完成写真です。

美観的にもツヤ消しの美しい仕上がりになります。

ダブルの断熱によりジワジワ来る夏場の西日に晒されても室内は昼寝で寝汗をかかない位、涼しくなります。
 
    屋根も遮熱塗料:関西ペイント-ヤネMシリコン遮熱を施工されていますので真夏炎天下に約80℃前後まで
    上がるコロニアル瓦が50℃前後迄に抑えられます。
 
    西側外壁は劇的断熱のZウォールをサンドイッチ施工、そして全体最終仕上げも省エネ効率8%の
    同じく断熱塗料ドリームコートですので断熱力抜群です。
    屋根と外壁共にオール熱対策コースですので相乗効果により真夏炎天下で約6℃前後の2階室内の低温化
    期待できます。
 

一部、上記施工例とも重複しますが、

こちらも是非、御参照下さい

■  http://www.pojisan.com/ZWbr1/ZWbr1.htm

 

■ 劇的断熱-Wダブル断熱工法 施工例

コテ仕上げで美しい素材感も出ます。凄まじい断熱効果のWダブル断熱

 

■ 外断熱左官材Zウォール、他施工例

タチの悪い西日も遮断-南西側外壁にのみコテで施工

 

都市部の三階建家屋に最適な

シームレス塗料-Zウォール工法

都内-練馬区での施工例

      都市部の三階建家屋の特徴は、建蔽率ギリギリに建てられていて近隣が迫っていますので、
      日陰になる部分と日射が当たる部分との日射条件の差が大きいのです。
      つまり東西南北での壁内の温度差が大きいのです。
      また、三階建の場合では上下での温度差、つまり1階と3階とでの壁内温度差も大きいのです。
      このような状態を緩和して壁内の自然発生結露を抑止する技術概念はシームレス効果と呼ばれています。
      Zウォール工法はシームレス効果を追求する塗装系の外断熱塗料です。
      上下、東西南北での壁内の温度差が緩和されればされる程、結露抑止-構造木材脆弱化阻止が実現され、
       省エネ経済効果と共に家屋に最も望ましい状況が実現されて震災時ネジレ倒壊リスクも低減するのです。
       これは二階建家屋でも言えることです。

新築時の外壁は何が最も良いのか?

高い通気・透湿性能で新築材としても使えるZウォール工法

 

リシン面外壁は?

      新築時の外壁仕上げで最も多いのが上写真のリシン仕上げです。リシン顔料に骨材と呼ばれるツブツブを
      混ぜて吹き付けて仕上げます。但しリシンとは通気・透湿性能を大幅に優先させた初歩的顔料塗料です。
 

通気性能 ⇔ 外部防水力

      一般的に塗料-外部防水力と通気・透湿性能は相反する背中合わせの性能ですから片方を優先させれば
      他方は犠牲になります。ですから通気・透湿を優先させているリシンは防水力は弱く、約 7年が限界です。
      リシンの役割とは新築時でのセメントモルタルを乾燥させることです。新築時の最初から防水力の強い塗料を
      塗ると通気・透湿能力が低いために新築時の未だ水分を含んだモルタルは永遠に乾きません。
 

サイディング外壁は?

 

      昭和後半から平成一桁に掛けては「サイディングこそが究極の外装材」と捉えられて多くが施工されましたが、
      裏に巾木を這わせて固定をする銅縁固定方式にしろ、果てはズサンな直張りサイディングにしろ、
      欠陥性が大きく、メンテナンスが不要なレベルの優れた固定や材質のサイディングは国内で2〜3社程度の
      ハウスメーカーしか無いのが実態です。中には銅縁すら採らずに直張りをする大ハウスメーカーも居ます。
      コーキングは断裂劣化しますし、吸水をしたサイディングは日射を受けると反ってしまいます。
 
      既存の外壁に後張りでサイディングを施工、などと言った方も居ますが、まずお勧めは出来ません。
      耐震上でも 1トン前後の負荷増大で不利になりますし、後々のメンテナンスが大変になります。
      コーキングは15年前後-定期的に詰め替えが必要となります。
      サイディングは私共もメンテナンスしていますが後々大変な手間が掛かります。
 

ジョリパッド外壁は?

      天然珪藻土配合のジョリパッド外壁は様々な模様も付与できて、ツヤ消しでも漆喰美観ですので
      意匠性も抜群であり、近年の新築外壁としてはよく気の利く工務店の建て売り並び等では見られます。
      SK化研からもベルアートと呼ばれる同等品が出ています。
      更にJIS二種難燃性能や湿度調整作用、カビや毒物を自ら分解する作用等も持っていますので、
      硬め塗膜故にクラックリスクはありますが新築時外壁としては最も望ましくてベストに近い選択でもあります。
 

結論を申し上げると・・・・・、

新築時の外壁はジョリパッド、もしくは私共の Zウォール工法が王道と言えます。

 
 
 

アドバンスペイントはZウォール工法-講習受講済み

関西ペイント正式認定工事店

Zウォール工法は特殊性の高い断熱工法です。
吹き付け、もしくは左官コテ仕上げとなりますが見切り処理等には特殊技能と熟練が要ります。
また外壁によっては施工不可能なケースもあります。
 
関西ペイント製品の中に在って北海道工場でのみ生産されているのも
高いレベルでの冷害/結露抑止効果と断熱性能の特徴が伺えます。
 
出たのは平成9年ですが、当時の関西ペイント認定登録店会員の中でも総ての業者が講習受講で
施工可能・・・・・、と言うわけではありません。
 
「知ったか振り」をするタチの悪い業者や、低性能のコンセプトパクリ-ジャンクメーカー亜流品も出ています。
御注意下さい。
 
新製品案内の声が掛り、そのときに講習を受けた関ペ認定登録業者のみを中心に施工されています。
ですから施工する業者は比較的少なく、限られています。
知る人ぞ知る、の画期的 外断熱塗装工法です。
 
また平成17年頃には改良化性能アップも成されています。
 
アドバンスペイントでは平成9年に技術本部長を始め、
2名の職人さんが吹き付け実習を含めた技術講習を関ペ 品川工場にて受講しています。
過去20年間、豊富な施工経験を持つアドバンスペイントに御任せ下さい。
 
 

                                                        

                                        

                                                        

                                        

マイホーム建築を知り尽くした総合力に御任せ下さい。

ネット販売・IT化恩恵で上位高級塗料の施工を安く、お得に御買い物!!

材料・職人・御値段・総合力

多摩建設株式会社グル−プ  アドバンス ペイント エンジニアリング協会

 

(財団法人)住宅リフォーム紛争処理支援センター 増改築相談員資格者も在籍しています。

あらゆるりフォーム工事も御気軽にお問い合わせ下さい。

ネット販売だから安い!!塗装工事

「一流メーカー純正高級上位塗料による確実な施工を量販店価格で」が私共の主旨です。

 

ペイントローラーおじさん®

外壁塗装工事は家屋建築技術全体を見渡せる、

総合力のある伝統工務店系の方がベストです

完成写真  底を開けたら中まで腐食が進行

 2階出窓の雨漏り-リフォーム専業業者では本質を見抜かず無駄な費用が・・・
訪問リフォーム業者が外壁塗装をすれば直ると言うので家全体を塗装しましたが
解決しませんでした。原因はアルミ窓枠の造りの欠陥でした。枠交換で根本解決。

直通フリーダイヤル0120-819098

土曜・日曜も営業   携帯・PHSからも可能です。

本部リフォーム部門 & ウォールケァ ペイント工事部門

〒194-0013 東京都町田市原町田2-16-8-108号

 

家屋でお困りのこと&塗り替え工事は 多摩建設潟Oループ アドバンスペイントに御相談下さい。

母体は家屋建築経験40年の伝統工務店 多摩建設梶B塗装は厳選職人さんを揃えています。

また、当グループは関西ペイント製品の施工に長年精通した職人さんが多く揃っています。

 

主要メーカー 最新高付加価値・高人気塗料だけを御提案&施工

厳選高級塗装ディスカウント工事量販店

多摩建設潟Oループ

アドバンスペイント エンジニアリング協会

アドバンスペイントではアドバイザーが塗料メーカー最新動向を絶えずウォッチしています。

高付加価値の最新塗料と、信頼できる良いものだけを率先して御提案&施工しています。

使用塗料について

 

関西ペイント認定登録店395号

   ※ 御質問等は、御客様の御負担無し!!  電話代無料 フリーダイヤルを御利用下さい。
   ※ 外壁塗料の御見積もりは御予算・目的別4〜6グレードを御提案致します。
   ※ 雨樋修理 から 増改築・建て替え まで、御気軽に御相談・御電話下さい。
   ※ 当社営業姿勢はドライです。見積りと発注は別問題。会わずにポスト投函のみも可能です。
 
関ペ外壁材グレード一覧関ペ外壁材性能一覧関ペ正式資料類日本ペイント、SK化研製品一覧
索引・塗り替えコラム施工・お値段例バックナンバーリフォーム工事サイトマップお見積り依頼
 

Eメール連絡先      advp8190@mint.ocn.ne.jp

 
 

塗料最新動向を始め、

家の塗り替え工事のことなら何でもわかる

是非トップページから御覧下さい

 

※ アドバンスペイントは、静岡県東部、山梨県東部を含む首都圏一円広く施工しています。

copy right(C)  all rights reserved Tama Kensetsu corp .