タカラ社 ユニットバス導入工事 施工例

タカラ システムバス ニューエメロード 1.25坪サイズ 施工例

タカラ・ユニットバス製品はデザインは地味ですが、躯体床廻りは堅牢頑丈で定評があります。

弊社ではタカラ製品以外にナショナル、INAX、TOTO等の施工実績もございます。

 
  お風呂は何と言っても一日の疲れを洗い流す場所であり、心身共にユッタリとリラックス
  したいと誰もが想う場所です。近年のユニット/システムバスは、ジェット・バイブ・マッサー
  ジャーを始め、台所厨房からのリモコン操作機能や、脱衣所との段差によるつまずき防止
  のためのフラット・バリアフリー機能、足を伸ばせるロングタイプ浴槽、浴室暖房乾燥機能、
  液晶テレビ付き風呂等、様々な便利且つ優雅なオプションの選択が可能になっています。
 

最新バリアフリー・ユニットバス導入  アドバンスペイントならこの御値段!

諸経費・税・完全込みで、

65万円〜120万円〜160万円

 
  ※.導入工事時での家屋構造や、そのための手間により御値段は変動致します。
  ※.同一製品シリーズ内でも浴槽の材質等のグレード如何により御値段は変動致します。
  ※.ジェットバイブやリモコン装置等のオプション類によっても御値段は変動致します。
  ※.壁を壊して外搬入する場合ですと、外壁塗装と同時に施工されれば御安くなります。
  ※.専門大工が御要望を御伺いし、メーカーショールームにも御案内同行して最新グレード・
    各種機能等の詳細な御説明や御見積もりも致しております。

当社施工中写真

 

ユニットバスの施工上の特徴と注意点

 従来の在来バスでは最短でも半月程度の工期が掛かり、様々な職人さんが必要となりましたが
 現在のユニットバスは工場で90%が完成していますので、現場組み立て作業のみですので、
 3日〜5日程度で家屋への組み込みが可能です。但し、外壁を壊さなくては搬入が不可能な
 ケースや、解体する既存風呂場周辺の構造木材の腐食が著しいケース等では手間となります。
 また、脱衣所との床高さ調整や脱衣所内装材のデザイン等も御客様と綿密に詰める必要が
 必ず発生します。更にツーバイフォー家屋でのユニツトバスの施工には注意が必要です。
 ツーバイフォー家屋は面そのものが構造材ですので、面をうかつに壊せません。構造に精通
 した建築士か専門大工による綿密な事前調査が必要となります。

 内搬入---ユニットバス設置のために既存風呂場と脱衣場を全面解体しているケース

外搬入---外壁を壊して外から搬入します。塗装工事と同時施工なら効率良く行きます。

ここからが重要なのです。

何故? ユニット・バスなの? 

ユニットバスにすると、どんなメリットがあるの?

非ユニットバスで、こういう経験はありませんか?

風呂場の基礎部分にいつもシミが出ている

風呂場廻りの外壁にヒビ割れが出ている

 ヒビ割れたタイル目地や風呂桶と床の付け根  お湯を沸かす際に高温化する風呂場内部
 から浸水している可能性があります。排水その  と冬場外気との内外温度差で膨大な結露が
 ものが下水に流れずに床下に水が溜まる重症  壁内に自然発生。内部は腐食している。
 のケースもあります。造成地等では最悪の場  更に、この部位に夏場西日等が当たると結露
 合には家屋沈下に繋がります。  脆弱化部位が内部高温化して外壁にヒビが。

年を通して日当たりが極端に悪い北西側の非ユニットバスの風呂場 築15年

↓ ヒビ割れやシミの酷い非ユニットバス風呂場の外壁を実際に開けてみると、↓

( クリックするとはっきりと見えます )

ツーバイ合板構造材が腐食でほぼ全滅

腐食した合板を除去した状態

  築年数が15年程度の旧来からの非ユニットバスの風呂場ですと、上記写真のようなケースが
  ひじょうに多く見られます。特に風呂場が北西側に在る場合には高い確率で内部構造木材が
  自然発生結露で腐食をしています。風呂場内部のタイル目地ヒビ割れで水が廻っているケース
  もあります。シロアリも、ほとんどが年間を通して日当たりが悪く湿気の多い北西側風呂場付近
  から発生します。湿気を帯びた内部構造木材を放置しておくと、そこに腐朽菌が発生し木材を
  脆弱化させて家屋構造強度を狂わせるばかりか、シロアリのみならずダニ、ノミ等の害虫も発生
  して不衛生な状態になり、長い年月を掛けて家屋全体に悪影響を与えます。

同現場 完成写真 タカラ ニューエメロード1.5坪

ユニットバスを導入すれば、これらの難題は総て抜本解決します。

家屋構造木材や躯体に悪影響も与えなくなり、永久に安心できます。

 

〜 今までの既存造り非ユニットバスの風呂場の弊害と、ユニットバス 普及の現状 〜

  現在の新築家屋はほとんどが新築時からユニットバスが導入されていますので家屋本体には
  湿気や結露の悪影響を与えませんが、昭和60年代や平成一桁築の家屋では未だ家屋構造
  と一緒に造られている既存造りの非ユニットバスの風呂場であるケースが多く、上記のような
  家屋に悪影響を与える問題はユニットバス化しないと、どんな家でも抜本解決はしません。
  設計やデベロッパー元請会社が悪いのではなく、その建てられた時代に於いて常識とされて
  いた技術の一般的普遍性が問題なのです。また、立地条件による日射の条件も関係します。
 

〜 ユニットバスの最大メリットはジェットバイブやリモコン操作や入浴時テレビではない

( ユニットバスなら風呂場周辺の構造木材に結露・湿気の影響を与えない )

  ユニットバスの嬉しいメリットはジェット・バイブやシステム化された様々なオプション類に大きな
  魅力がありますが、その最大メリツト家屋構造に湿気の悪影響を与えない単体別構造
  の風呂場であることです。日本の家屋は日当たりの良い南側にリビングや寝室を置き、
  トイレや風呂場のような水場は南側には置かずに年中日当たりの悪い北側にあえて置く
  ケースが圧倒的に多く、また、風呂場とは中で湯を沸かしたり湯を使ったりしますので、
  家の中で最も温度が上昇する熱源部屋でもあり、冬場の内外温度差と湯気や湿気の
  ダブル/トリプルパンチで壁内や天井、床等に結露が最も多く発生する場所なのです。
 

〜 ユニットバスにするとシロアリも出難くなる 〜

  今までの既存造りの非ユニツトバスの風呂場では、これらの発生結露が家屋の構造木材
  に影響を与え、風呂場周辺の構造木材やモルタル外壁ラス網までが結露で腐食をしたり、
  更に最も多いのがシロアリの発生です。シロアリはそのほとんどが北側にある風呂場の
  床下の構造木材周辺から発生しています。どのシーズンでも日当たりが悪く湿気が多い
  場所をシロアリは好むのです。また、既存造りの非ユニツトバスでは風呂場内部のタイルの
  目地から水が廻ることが多くあります。一定年数が経つとコーキングで対症対策をしても
  内部が腐食をしてしまいコーキングも湯や熱ですぐに剥がれてしまい抜本策とはなりません。

 ユニットバスの施工で既存の風呂場を壊すと、構造木材の栂柱が結露・湿気を帯びて
 シロアリに食われているケースが高い頻度で発見されます。
 (写真左 柱の下部分 白蟻に喰われ穴が出来ている)  (写真右は柱交換 補修後の写真)
 非ユニットバスの風呂場で築15年が経過し日当たりの悪い北側に風呂場が位置する場合には、
 シロアリを疑った方が賢明です。
 

〜 風呂場廻りのタチの悪い湿気の諸問題はユニットバスで抜本解決する 〜

  ユニットバスならば外側に断熱シールドが施されている家屋とは全く別構造のモジュール
  化になっている風呂場ですので、結露やタイル目地水漏れで家屋構造木材を腐食させたり、
  シロアリやダニ等の害虫発生のリスクも大幅に低減します。熱源としても、水場としても、
  家屋にとって最もリスキーな場所である風呂場がユニット化すれば、風呂場廻りに起こっ
  ている水漏れや自然発生結露が原因の外壁ヒビ割れや、構造木材の腐食、風呂場真上の
  屋根の腐食・脆弱化、更にはシロアリの発生等は総て抜本的に解決されます。

家屋とは独立した単体別構造

湯船底裏側の断熱シールドの様子

 ユニットバスとは家屋の構造とは独立した別構造になっているモジュール構造の風呂場です。
 個別のモジュール構造ですので水漏れの心配が全くありません。
 更に外側全体には断熱シールドが施されていてモジュール全体が断熱シールドに包まれて
 いますので、風呂場内部で発生するお湯等の熱を風呂場の外側へは及ぼしませんので、
 風呂場周りの構造木材や外壁、天井・屋根等に発生する結露をほぼ完璧に抑止します。
 風呂場があることでの周辺構造材の腐食リスクは、風呂場が無い部分と同様のレベルになり、
 何ら問題の無い他の部位と同じ条件となり、風呂場周りの結露や腐食でお悩みの諸現象を
 根本的・抜本的に解決します。

 

                 


                              

マイホーム建築を知り尽くした総合力に御任せ下さい。

ネット販売・IT化恩恵で上位高級塗料の施工を安く、お得に御買い物!!

材料・職人・御値段・総合力

多摩建設株式会社グル−プ  アドバンス ペイント エンジニアリング協会

 

(財団法人)住宅リフォーム紛争処理支援センター 増改築相談員資格者も在籍しています。

あらゆるりフォーム工事も御気軽にお問い合わせ下さい。

 

「一流メーカー純正高級上位塗料による確実な施工を可能な限り安く」が私共の主旨です。

®

 ウォールケア技術本部   ペイント工事部門

〒194-0013 東京都町田市原町田2-16-8-108号

直通フリーダイヤル0120-819098

携帯・PHSからも可能です。

 

  多摩建設株式会社 業種:総合建設業、
          東京土建組合加盟、設立:昭和43年4月、職方総数約400人、
          二級・一級建築士総数4名、関連会社 :首都圏住宅株式会社、
          アドバンス・ペイント・エンジニアリング協会等、
 

当グループでは塗り替えには自信を以って施工を任せられる

厳選職人さんしかお勧め・お付け致しません。

関西ペイント認定登録施工店395号

関西ペイントなら国内NO.1トップ塗料メーカー

塗り替え工事はカンペ材料を良く知っている関ペ特約 認定登録施工店で!!

   ※ 御見積もり依頼はお気軽に!御客様の電話代無料 上記フリーダイヤルを御利用下さい。
   ※ 雨樋修理 から 増改築・建て替え まで、御気軽に御相談・御電話下さい。
   ※ 当社営業姿勢はドライです。見積もりと頼む頼まないは別問題。会わずにポスト投函のみも可能です。
 

 塗料最新情報・動向を始め、

 家の塗り替え工事のことなら何でもわかる、

 是非トップページから御覧下さい 

※ アドバンスペイントは、静岡県東部、山梨県東部を含む首都圏一円広く施工しています。

copy right(C)  all rights reserved Tama Kensetsu corp .